常設展

常設展(2021年10月6日~12月26日)

第1室/イギリス美術のイギリス性

第2室/美の明治:工部美術学校と東京美術学校

第3室/大集合!形が楽しい絵画たち

第4室-1/版画で旅する日本

第4室-2/暮らしのなかの工芸

 

イギリス美術のイギリス性

常設展の画像
18世紀は、イギリス美術がヨーロッパ大陸とは異なる「イギリスらしさ」を追求した転換期でした。それまでイギリスは外国から来た画家たちが勢力をふるい、国内の画家たちは活躍の場を失っていました。
その停滞を打開したのがウィリアム・ホガース(1697-1764)です。彼はイギリスが新教国であり、教会から宗教画制作の依頼が少ないことを逆手にとり、人間観察によって生み出される肖像画や風刺画に活路を見いだしたのです。
そして、鋭い観察眼は風景にも向けられました。霧が多く、天候の移ろいやすいイギリス独自の風景を、ターナー(1775-1851)、コンスタブル(1776-1837)らがとらえようとしました。
独自の展開をみせたイギリス美術をご紹介します。

美の明治:工部美術学校と東京美術学校

常設展の画像
明治新政府が設置した工部美術学校は、西欧の製図や印刷の技術を学ぶ、実用を目的とした美術教育を目指していました。西洋画の指導を任されたイタリア人画家・フォンタネージは、基礎的な技法を教えると同時に、写実的に描くだけでなく、情趣を効果的に伝えることの大切さを説き、日本の西洋画芸術の萌芽を促します。一方、明治20年代末に設置された東京美術学校西洋画科では、日清戦争後の自由主義や個人主義の風潮に後押しされて、内面を表現する芸術性を重視した考え方が主流となってゆきました。
ここでは、工部美術学校の画学生たちと東京美術学校の西洋画科教師たちの作品を中心に、日本近代西洋画の流れを概観します。

大集合!形が楽しい絵画たち

常設展の画像
戦中期から現代まで激しく複雑に変化してきた社会情勢は、芸術家に美術そのものの在り方を問いただし、現実世界の再現という従来の枠組みを超えた、先鋭的な表現が次々と生み出されました。芸術の中心フランス、そしてアメリカで登場したシュールレアリスム(超現実主義)や抽象表現主義などの最新の美術潮流は、日本やイギリスにおいても個性豊かに発展します。
重層的な線や色面の重なり、あるいは単純化されたフォルムなどで描かれた作品には、自身の内面世界、社会への言い知れぬ不安、さらには絵画という二次元上での表現の可能性を追求する姿勢が表れています。日本とイギリスの絵画から、形の妙を感じさせる作品をご紹介します。

版画で旅する日本

常設展の画像

山や海といった美しい自然の風景、歴史に彩られた寺社仏閣などは芸術家たちに大きなインスピレーションを与えてきました。絵画作品はさることながら、版画においても浮世絵の「名所絵」をはじめとして、さまざまな名所風景が描かれてきました。江戸時代後期には西洋から銅版画の技術が伝えられ、江戸や京都の名所が描かれた版画は旅の土産物としての役割を果たすようになります。

生活様式が変わりつつある現在、私たちはなかなか遠くへ出かける「旅」ができないでいます。美術館の中では存分に「旅」を楽しんでいただけるよう、ここでは明治の銅版画を中心に、版画の中に描き出された各地の風景をご紹介します。

暮らしのなかの工芸

常設展の画像

機能性が追及された美しい器や道具たちは、それぞれの用途で活躍するとともに、私たちの暮らしを豊かに彩ってくれます。

郡山市出身のガラス工芸家である佐藤潤四郎(1907-1988)は、手になじむかたちにこだわったぬくもりあるデザインと、丁寧な手仕事による味わい深い作品を数多く生み出しました。クリストファー・ドレッサー(1834-1904)は、モダン・デザインの先駆けとなる重要な仕事を遺したイギリスの工業デザイナーです。機能美と造形美が調和する洗練されたデザインの製品を、富裕層のみならず広く一般に普及させることにも貢献しました。
日々の生活空間を演出する作品の数々を、使い心地を想像しつつお楽しみください。

2021年度常設展スケジュール

2021年度常設展
4月28日~
7月18日
1:イギリス美術の肖像
2:もうひとつの「芳」の系譜
3:郷土ゆかりの美術
4-1:西洋版 地獄めぐり―ダンテ「神曲」
4-2:魅せるテーブルウェア
7月21日~
10月3日
1:小特集:イギリスの彫刻家たち
2:洋画上洛!-京都洋画と浅井忠
3:日本の前衛・画家の試み
4-1:版画と福島
4-2:佐藤潤四郎のガラス
10月6日~
12月26日
1:イギリス美術のイギリス性
2:美の明治:工部美術学校と東京美術学校
3:大集合!形が楽しい絵画たち
4-1:版画で旅する日本
4-2:暮らしのなかの工芸
2月11日~ 1:小特集:イギリス‐水彩画への誘い
2:西洋に学んだ画家たち
3:今日の立体アート
4-1:素材とかたち
4-2:工芸のデザイン

展示紹介動画(2020年7月22日~10月18日)

https://youtu.be/6iMpic335P8
(郡山市YouTubeページへのリンク)

常設展示紹介動画の画像

 

当館の常設展示が動画で紹介されています。
下のリンク(YouTube)からご覧ください。

 

過去の常設展示目録