これからの企画展

クリストファー・ドレッサーと正倉院宝物

企画展
会期 2019年11月16日(土曜日)~2020年1月26日(日曜日)
開館時間 午前9時30分から午後5時まで
(入館は午後4時30分まで)
休館日
  • 毎週月曜日(1月13日は開館、1月14日休館)
  • 12月28日(土曜日)から1月3日(金曜日)
主催 郡山市立美術館
観覧料 一般:1000(800)円
高大学生・65歳以上:800(640)円
( )内は20名以上の団体料金
中学生以下、障がい者手帳お持ちの方は無料

 

イギリスのデザイナー、ドレッサー(1834-1904)は1876(明治9)年の来日の際に、正倉院の宝物を調査し、大きな感銘を受けました。
彼の来日の意義と、明治の殖産興業政策に関するドレッサーの業績を紹介する初めての展覧会です。

 

ドレッサー展の作品画像

《黄金瑠璃鈿背十二稜鏡》(復元模造)

1932(昭和7)年
奈良女子大学蔵

 

ドレッサー展の作品画像

クリストファー・ドレッサー
《クラレット・ジャグ》

郡山市立美術館蔵

 

ドレッサー展の画像

横山松三郎
《正倉院開封の写真》

1872(明治5)年
奈良女子大学蔵

会期中のイベント

会期中のイベントにつきましては、しばらくお待ちください。