これからの企画展

挑む浮世絵 国芳から芳年へ

「国芳から芳年へ」展ポスターの画像
企画展
会期 2021年4月24日(土曜日)~6月6日(日曜日)
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日
(5月3日(月曜日・祝)は開館、5月6日(木曜日)は休館)
観覧料 一般:800円(640円)
高大生・65歳以上:500円(400円)
( )内は20名以上の団体料金
中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方は無料
主催 郡山市立美術館
協賛 野崎印刷紙業
企画協力 名古屋市博物館

 

歌川国芳(1797-1861)は、ダイナミックな武者絵やユニークな戯画で、幕末期の衰えつつあった浮世絵界に新機軸を打ち出した”奇想の浮世絵師”として注目を集めています。人情に厚く、生粋の江戸っ子であった国芳のもとには多くの弟子が集いましたが、なかでも国芳から大きな影響を受けた絵師のひとりが、血みどろで残酷な場面を多く描き”最後の浮世絵師”と称される月岡芳年(1839-92)です。

本展では、幕末から明治にかけての激動の時代にあって、旺盛な好奇心と柔軟な発想、豊かな表現力で新たな画題や描き方に挑戦し続けた国芳から芳年へ、さらには芳年とともに国芳門下の双璧をなした落合芳幾(1833-1904)らに受け継がれていった「芳」の系譜をご紹介いたします。

「芳」ファミリーの魅力をたっぷりとご堪能あれ!

 

スペシャル映像

関連イベント

すべて事前の申し込みが必要です。
(申込方法はページ下部をご覧ください。)

申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
抽選結果はハガキでお知らせします。

講演会1

国芳と芳年の「怪」と「快」

  • 講師:神谷浩さん(徳川美術館副館長兼学芸部長、元名古屋市博物館副館長、本展仕掛人)
  • 日時:5月3日(月曜日・祝) 午後2時から
  • 会場:多目的スタジオ
  • 定員:50人

講演会2

浮世絵末流の近代   芳年、年方から清方へ

  • 講師:篠原聰さん(東海大学准教授)
  • 日時:5月30日(日曜日) 午後2時から
  • 会場:多目的スタジオ
  • 定員:50人

スライドトーク

1.国芳と芳年の画風

  • 講師:当館学芸員
  • 日時:5月16日(日曜日) 午後2時から
  • 会場:多目的スタジオ
  • 定員:50人

2.国芳一門の魅力

  • 講師:当館学芸員
  • 日時:6月6日(日曜日) 午後2時から
  • 会場:多目的スタジオ
  • 定員:50人

 

申込方法

1から4をご記入のうえ、ハガキ・ファックス・Eメールのいずれかでお申し込みください。

1.参加希望イベント名
2.参加希望者氏名(1件につき1名様まで)
3.郵便番号・住所
4.電話番号(ファックス番号)

締切各イベントの開催日2週間前まで(必着)

応募先

〒963-0666
郡山市安原町字大谷地130-2
ファックス:024-956-2350
Eメール:bijutsukan@city.koriyama.lg.jp

 

定員を超えた場合には、抽選とさせていただきます。
結果はハガキにてお知らせします。
新型コロナウイルスの感染が疑われる方が発生した場合には、必要に応じて、参加者の情報を保健所等の公的機関へ提供させていただきます。

音声ガイド

音声ガイドナレーター:声優・鳥海浩輔さん

当日貸出価格:600円(税込)

プロフィール
鳥海浩輔(とりうみ・こうすけ)
5月16日生まれ/神奈川県出身
代表作
「刀剣乱舞-ONLINE-」(三日月宋近役)
「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」(グイード・ミスタ役)
「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズ(愛島セシル役)

 

 

歌川国芳《相馬の古内裏》の画像

歌川国芳《相馬の古内裏》
1845~46年頃
名古屋市博物館蔵(高木繁コレクション)

浮世絵展の画像

歌川国芳《弁慶が勇力戯に三井寺の梵鐘を叡山へ引揚る図》
1845~46年頃
名古屋市博物館蔵(高木繁コレクション)

浮世絵展の画像

歌川国芳《通俗水滸伝豪傑百八人之一人 花和尚魯知深初名魯達」
1827年頃
名古屋市博物館蔵(高木繁コレクション)

浮世絵展の画像

月岡芳年《英名二十八衆句 福岡貢》
1867年
名古屋市博物館蔵(尾崎久弥コレクション)

浮世絵展の画像

月岡芳年《月百姿 吼噦》
1886年
名古屋市博物館蔵(尾崎久弥コレクション)

浮世絵展の画像

月岡芳年《英名八衆句 笠森於仙》
1867年
名古屋市博物館蔵(尾崎久弥コレクション)

浮世絵展の画像

歌川国芳《流行猫の戯 身の臭婬色時》
1847年頃
名古屋市博物館蔵(高木繁コレクション)