郡山市洪水ハザードマップ

   郡山市洪水ハザードマップは、台風や大雨などで阿武隈川、逢瀬川の流域に想定最大規模の浸水被害(洪水)が発生する恐れがある区域や避難所等を地図に示したものです。

   浸水が想定される範囲や浸水の深さを示すとともに、令和元年10月の東日本台風による被害情報なども表示しています。日頃の防災訓練や洪水時の避難行動に役立ててください。

ダウンロード

  防災情報や気象情報をもとに、開設している避難所に早めに避難してください。

改訂の概要

郡山市洪水ハザードマップの改訂について(PDF:1.8MB)

新たな洪水ハザードマップの特徴

   ●想定し得る最大規模の洪水浸水想定区域に変更(浸水範囲が約1.3倍)

   ●早期の立退き避難が必要な区域の設定

   ●洪水時にも利用できる避難所を記載(指定避難所、指定緊急避難場所、福祉避難所)

   ●洪水浸水想定区域内にも指定避難所(垂直避難)を記載

   ●避難に係る情報の発信と収集について分かりやすく記載

   ●防災情報・気象情報・避難情報と警戒レベルについて分かりやすく記載

   ●既往最大の被害となった「令和元年台風第19号」による被害情報を記載

この記事に関するお問い合わせ先

建設交通部河川課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2701 ファックス番号:024-931-5243

更新日:2020年06月01日