郡山市消防団 団員募集!

郡山市消防団は市民に最も身近な防災機関の一つとして、各種訓練や消防ポンプ等装備の点検、地域の巡回など地元に根付いた活動をしています。
また、サラリーマンや自営業、主婦、学生など様々な職業の方々が地域コミュニティの一翼として活動し、災害時には日頃の地域に密着した活動の経験を活かした効果的な消火活動や避難誘導などをおこなっています。
現在、郡山市消防団は約2,500名の団員が活躍しており、さらなる地域の安全安心のため、男性団員はもちろん、女性団員も募集しています。
お住まいの地域の消防団を御紹介いたしますので、防災危機管理課までお気軽に御連絡ください。

団員要件

  • 郡山市内に住民票があること
  • 18歳以上であること
  • 心身共に健康であること

主な活動内容

平常時

月に2回~3回程度の夜間の地域の見回り、年数回の消防水利の点検や放水訓練、救命講習等を実施し、万が一の災害発生に備えています。

また、商店街イベントに消防車を展示したり、小学校の防災訓練に参加したりと積極的に地域活動に参加しています。

災害時

郡山消防署と連携を図り、火災の早期鎮圧・消防水利の確保、避難誘導等を実施しています。

東日本大震災では、10日間で延べ3,000人が出動し、地域の見回りや危険排除などに従事しました。

女性消防団員

火災予防運動や広報活動、各種行事を通じて、女性ならではの視点で予防消防活動を行っています。

また、平成19年に軽可搬ポンプ、平成20年に軽積載車を導入し、初期消火訓練を実施しています。

消防団員の身分

消防団活動中は身分を地方公務員(特別職)として扱われ、団員報酬(団員年額35,500円)が支給されます。

また、災害現場で万が一、死亡又は怪我などを負った場合に公務災害として保障を受けることができます。

資格取得の優遇

消防団活動で得た知識・技能は、各資格の必要な学識経験等を有していると認められるため、資格取得の優遇を受けることができます。

なお、資格の詳細については、郡山地方広域消防組合、又は、各事業窓口にお問い合わせください。

防火管理者

班長以上の階級を3年以上勤めた場合、防火管理者の資格を得ることができます。

防災管理者

班長以上の階級を3年以上勤めた場合、防災管理者の資格を得ることができます。

自衛消防業務に関する講習終了有資格者

班長以上の階級を3年以上勤めた場合、資格を得ることができます。

防火対象物点検資格者

消防団員を8年以上勤めた場合、受講資格を得られ、講習会受講時に講習科目の内、一部が免除されます。

防災対象物点検資格者

この記事に関するお問い合わせ先

総務部防災危機管理課
〒963-8601福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2161 ファックス番号:024-924-0999

更新日:2019年03月01日