特別定額給付金について

特別定額給付金の申請については、5月1日からオンライン申請(公的個人認証機能を有するマイナンバーをお持ちの方)による受付を開始しております。

特別定額給付金に関するよくある質問はこちらをご覧ください。

郵送申請については、5月19日から申請書の郵送を行い、すべての世帯分の郵送を完了しております。お振込みは、ご返送いただいた申請書の審査終了後、5月28日から順次行う予定です。

また、5月13日から「郡山市特別定額給付金専用ダイヤル」を開設しております。

郵送で申請を行う方はこちらをご覧ください。

 

〇専用ダイヤル

  024-983-9770

  現在、大変多くのお問合わせをいただいており、お電話がつながりにくい時間帯がございます。お電話がつながらない場合は、時間をおいてお掛け直しください。
 
なお、特別定額給付金に関するお問合わせは、上記コールセンター以外では、お受けいたしておりません。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

〇受付時間

     6月末まで(毎日) 8時30分から17時15分まで

     7月から8月末まで(平日のみ) 9時30分から17時30分まで

     ※毎日の申請数及び振込数は以下のとおりで、SNSでも情報発信しております。
     最新状況(5/26現在)(PDF:582KB)

 

〇申請期限

    オンライン申請及び郵送申請についての申請受付期間は令和2年8月19日(水曜日)までです。(当日消印有効)

 

マイナンバーカードによるオンライン申請

外国人の方について

特別定額給付金の申請について、以下ページで外国人の方向けに「やさしい日本語」と「英語」で説明しております。動画もありますのでご覧ください。

  特別定額給付金について(やさしい日本語・英語)

「やさしい日本語」とは、普通使われている言葉を外国人にもわかるように配慮した、簡単な日本語のことです。

 

事業について

新型コロナウイルスの感染症の拡大に伴い、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、「特別定額給付金」が給付されます。
給付金の詳細な情報は、随時ホームページやSNS等で情報を発信し、皆様のお手元に早くお届けできるように作業を進めております。

 

制度

制度については、総務省ホームページをご確認ください。
 
総務省が特別定額給付金の特設サイトを作成しました。(5月1日開設)
申請方法やよくある質問なども公表されておりますので、ご確認ください。
  ※上記HPで自動応答サービスも始めましたのでご確認ください。 
 

特別定額給付金に関するお問い合わせや相談に対応するため、総務省にコールセンターが設置されています。

総務省コールセンター

   0120-260020 (※午前9時から午後6時30分)

 

給付対象者及び受給権者

・給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者

・受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

 

給付額

・給付対象者1人につき10万円

 

給付金の申請及び給付の方法

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の1及び2を基本とし、給付は、原則として、申請者の本人名義の銀行口座への振り込みにより行います。(窓口における給付は口座をお持ちでないなどのやむを得ない場合に限ります。)詳細はお問い合わせください。

申請時のチェックリストを作成しましたので、申請時に活用ください。

     チェックリスト(PDF:138.4KB)

 

1.オンライン申請方式(公的個人確認機能を有する方のみ)

(1)スマートフォンでの申請方法

YouTube動画(スマートフォン)  

     aumahoQR 

(2)PCでの申請方法

YouTube動画(PC)

     PCQR

 

【申請方法】

1) マイナポータルから給付対象者の情報や振込先口座を入力する。

2) 振込先口座の確認書類を登録する。

3) 電子署名(カードリーダー又はスマホによるマイナンバーカードの読込を行い、6~16ケタの署名用電子証明書用の暗証番号を入力)により本人確認し、電子申請をする。(※本人確認書類は不要)

 

【ご注意いただきたい点】

推奨環境については確認願います。

1) マイナンバーカードには電子署名機能が必要です。

2) スマートフォンから申請する場合は、対応機種を確認してください。

対応機種(PDF:76.1KB)

3) スマートフォンでの申請には、専用アプリケーション「マイナポータルAP」が必要です。

4) パソコンでの申請には、カードリーダーが必要です。

5) マイナンバー通知カードによる申請はできません。

通知カードは使用できません

 

5月1日(金曜日)からオンラインによる申請の受付を開始してます。

順次申請の審査終了後、速やかに給付いたします。

 

申請先はこちらです。

マイナポータルサイト

 

2.郵送申請方式

郡山市から受給権者(世帯主)あてに世帯情報を印字した申請書を郵送しますので、世帯主の氏名、電話番号、振込先口座等を記入し、以下の書類を申請書の左面に貼付けて同封の返信用封筒(郡山郵便局私書箱行き)で郵送してください。

(1)世帯主の本人確認書類(運転免許証、パスポート、保険証など)のコピー

(2)世帯主名義の通帳又はキャッシュカード(口座番号・口座名義人カナが確認できる箇所)のコピー

ゆうちょ銀行への振込みもできます。振込用口座が分かれば記入してください。振込用口座が分からなければ市で確認しますので、通帳コピーを添付してください。

    <記載イメージ例> ※店名が八二八の場合

    yuubinimeji

      ゆうちょ銀行の参考サイトはこちらを押してください。

 

※申請の際にマイナンバー(個人番号)の記入をする必要はありません。

※「住民税等」とは、市県民税、軽自動車税、固定資産税、国民健康保険税、市営住宅使用料、保育料、後期高齢者医療保険料、介護保険料を指しております。

(郵送物サンプル)郵送物サンプル

 

申請書に添付する本人確認書類について

本人確認書類は次のいずれかを添付してください。

1.運転免許証
2.健康保険証
3.介護保険被保険者証
4.国民年金手帳・年金証書
5.マイナンバーカード(マイナンバー通知カードは不可)
6.住民基本台帳カード
7.身体障がい者手帳
8.在留カード、特別永住者証明書
9.国・地方公共団体の機関が発行した身分証明書
10.学生証
11.社員証
12.診察券
13.生活保護受給証明書

※国民健康保険の方で保険証を紛失された方は、再発行の手続きができますので、郡山市役所国民健康保険課(024-924-2141)までお問合せください。

 

世帯主の代理として受給する場合の必要書類について

給付金は、原則として世帯主への振込みとなりますが、やむを得ない理由により代理の方への振込みを希望する場合は、次の書類が必要となります。

(1)同一世帯の方への振込みを希望する場合(同じ申請書の給付対象者に記載されている方)

  1. 世帯主本人の本人確認書類
  2. 代理人の本人確認書類
  3. 代理人名義の通帳コピー

(2)同一世帯ではない親族への振込みを希望する場合

  1. 世帯主本人の本人確認書類
  2. 代理人の本人確認書類
  3. 代理人名義の通帳コピー
  4. 世帯主と代理人の関係が確認できる戸籍等

(3)親族ではない者への振込みを希望する場合

原則、振込みできません。世帯主本人の口座を指定してください。

 

配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援について

対象となられる方は、世帯主でなくても、同伴者の分を含めて、申請を行うことにより給付金を受け取ることが出来ます。

 【申出期間】
  令和2年4月24日(金曜日)から4月30日(木曜日)まででしたが、現在も随時受付しております。

 

郡山市に住民票を移していない場合

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に郡山市に住民票を移すことができない方は、郡山市に申出をすることにより、以下の措置が受けられます。

1 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。(給付金の申請先は郡山市です。)

2 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

 

具体的な申出方法は下記を参照ください。

制度概要チラシ(PDF:457.7KB)

申出書(Excelブック:39.5KB)

 

郡山市に住民票がある方

令和2年4月27日時点で郡山市に住民票がある場合は、上記の申出は不要です。なお、給付の申請は必要です。

 

給付金を装った詐欺にご注意ください!

特別定額給付金を振り込むために、国や市が振込手数料を求めることはありません。国や市がATM(現金自動払機)での操作手続きを行うよう、連絡することはありません。

注意

 

お問い合わせ先

(郡山市特別定額給付金専用ダイヤル)

 

     電話 024-983-9770

 

更新日:2020年05月15日