感染拡大を防止しましょう

感染リスクが高まる「5つの場面」を避けましょう

感染リスクが高まる5つの場面

新型コロナウイルス感染症対策10訓

  1.  国内で約96,000 人が感染と診断、年代別では20代が最多(10月27日時点)
  2.  6月以降に診断された人のうち、重症化したのは50代以下で0.3%、60代以上で8.5%
    死亡はそれぞれ0.06%と5.7%
  3. 重症化しやすいのは高齢者と基礎疾患のある人
  4. 日本は人口当たりの感染者数や死者数は主要国と比べて低い水準
  5. 他の人に感染させる期間は、発症2日前から発症後7~10日間程度
  6. 他の人に感染させる人は2割以下。3密環境で感染を広げなければ流行を抑えられる
  7. 3密環境で感染リスク高い飲食を伴う懇親会など5場面で注意
  8. 現在の感染はPCR検査と抗原検査、感染歴は抗体検査で
  9. 軽症は経過観察、呼吸不全を伴うと酸素投与やステロイド薬、抗ウイルス薬を投与。改善しなければ人工呼吸器の使用も
  10. ワクチンは開発途上。発症や重症化を予防できるか、現時点で不明。副作用はまれだが不可避的に発生する

※厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード(2020年10月28日)資料より抜粋

新しい生活様式を実践しましょう

新しい生活様式

人との接触を8割減らす10のポイント

人との接触を8割減らす10のポイント

みんなで使おう がくとくんロゴマーク

こちらに用意しているがくとくんのロゴは、ダウンロードしてお使いいただけます。
感染拡大防止の啓発にお使いください。

手洗いがくとくん
手洗いがくとくん(PNG:315.7KB)

マスクがくとくん

マスクがくとくん(PNG:346.3KB)

2mソーシャルディスタンス

ソーシャルディスタンスがくとくん(PNG:421.2KB)

更新日:2020年10月26日