ひとり暮らし高齢者等緊急通報システム事業

65歳以上の単身世帯で心身に支障がある方や高齢者世帯のうちそのいずれかが要介護認定または要支援認定を受けた世帯の方に、緊急時に緊急通報受信センターと連絡ができる機器を貸し出します。

緊急通報システムとは

利用者宅に緊急通報装置を貸し出し、利用者からの通報や機器が異常を感知した際に、利用登録時の御家族や協力員に連絡、救急車の出動要請、または警備員が出動するなどして対応いたします。

また、緊急通報受信センターから定期的(月3回程度)に利用者に連絡し、安否確認も行います。

対象者

郡山市内に住所を有し、同一敷地内またはその隣接地に二親等内の親族がおらず、次の条件に該当する方。

  1. 65歳以上の単身世帯で、心身に支障がある方
  2. 高齢者世帯のうち、そのいずれかが要介護認定または要支援認定を受けた世帯の方

貸与機器

緊急通報装置本体、無線ペンダント、火災センサー、安否確認センサーを一式としてお貸しします。

(注意)緊急通報システムは固定電話回線を利用するため、固定電話回線への加入が必要です。

緊急通報協力員

お申込み時には、近隣の方で駆けつけて協力してくださる方2名以上の登録が必要となります。

利用料

無料でご利用いただけます。

(注意)貸与された機器を破損、紛失した場合は、弁償していただくこともあります。

申込み方法

郡山市ひとり暮らし高齢者等緊急通報システム事業利用申請書(PDF:65.8KB)」、(申請書記載例)(PDF:140.7KB)及び「調査書(PDF:82.4KB)」、(調査書記載例)(PDF:159.4KB)を地域包括ケア推進課にご提出ください。

「調査書」とは、申請書の添付書類として地域包括支援センター相談員または介護支援専門員(ケアマネジャー)が利用を希望する方のお宅に訪問し、お身体の状況などをお伺いして作成するものです。

緊急通報システムのご利用を希望される方は、お近くの高齢者あんしんセンター(地域包括支援センター)(市内17箇所)またはご担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)へご相談ください。

申請内容に変更があったときは、変更届の提出が必要です

利用開始後、協力員をはじめとする申請書記載事項に変更があった場合は、「変更届(PDF:53.8KB)」、(変更届記載例)(PDF:130.7KB)の提出が必要です。

利用者にもしものことがあったときに備え、届け出が必要となるときは、速やかにご提出くださるようお願いします。

ごあんない

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部地域包括ケア推進課

〒963-8601福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-3561 ファックス番号:024-934-8971

更新日:2020年01月16日