こおりやま広域圏わかものボーダレスプロジェクト2019

【グッズチーム】「・・・かもしれない」バスソルトシリーズ! 絶賛販売中!!

斬新な若者アイデアによる全4種類の「・・・かもしれない」バスソルトシリーズが、ついに販売となりました!

色・香り・効能にこだわり、「・・・かもしれない」シチュエーションでの願いが叶うよう想いを込めて製作しましたので、ぜひお試しください!

バスソルトはこちらから購入できます。

※本プロジェクトに賛同し、アドバイザーとしてグッズチームをサポートしていただいた「有限会社吾妻食品」の公式オンラインストアで販売しております。

4シリーズの概要

1.学園祭で気になる人と2ショットできるかもしれないバスソルト

2.志望校に合格できるかもしれないバスソルト

3.一夜漬けだけど赤点回避できるかもしれないバスソルト

4.運動神経が良くなるかもしれないバスソルト

kamo4

1.学園祭で気になる人と2ショットできるかもしれないバスソルト

kamo5

2.志望校に合格できるかもしれないバスソルト

kamo6

3.一夜漬けだけど赤点回避できるかもしれないバスソルト

kamo7

4.運動神経が良くなるかもしれないバスソルト

【ソング&ムービーチーム】こおりやま広域圏PRムービー公開!

ソング&ムービーの2チームで取り組んできた広域圏PRムービーがついに公開!歌に、ダンスに、演技と、広域圏の魅力がふんだんに詰め込まれた2作品をご覧ください!

※下記画像をクリックすると、市YouTubeチャンネル(郡山市役所Koriyama City)でご覧いただけます。

チーム紹介
  タイトル 概要
Aチーム

こおりやま広域圏に還る~Uターンゾンビの苦悩と躍動~

都会に就職するも、都会の喧騒に疲れゾンビと化す。そんな中、地元(こおりやま広域圏)に帰省し、故郷の味・景色・旧友などに触れ元気を取り戻す心温まるストーリー。出演だけでなく、ストーリーの考案、ダンスの振り付けやBGMの作詞作曲まで学生が取り組みました。
Bチーム

私たちのふるさと  こおりやま広域圏

こおりやま広域圏の名所や観光スポット、名もない風景をオリジナルテーマソングで紹介。心に残るフレーズや場所を歌詞にし、だれでも口ずさめる1曲を、想いを込めて歌いました。撮影やレコーディングなど本格的な制作にもチャレンジしました。
zonnbi

※画像をクリックすると動画が流れます

zonnbi

※画像をクリックすると動画が流れます

【グルメチーム】こおりやま広域圏の味!クリームボックス大試食会を開催!

グルメチームは、広域圏の食材を使った3種類の「クリームボックスのクリーム」を開発し、JA農産物直売所「愛情館」にて試食イベントを開催しました。

午前9時から午後0時までに約1,600食をご試食いただき、多くの市民の皆様に「こおりやま広域圏」の食材や取り組みを知っていただきました。

また、「このクリームは売ってないの?」、「ぜひ商品化してほしい」などうれしいお言葉もいただきました。

3種類のクリームは、メンバーが試食会前日に一日かけて調理・チューブ詰めを行い、一生懸命準備をしました。無事に試食会を終えて、「おいしいと言ってもらえて安心した」、「やりきることができてうれしい」など達成感に満ち溢れていました。

イベント概要

日時:2019年1月19日(日曜日)午前9時から (約2,000食を準備)

場所:JA農産物直売所「愛情館」(郡山市朝日二丁目3-35)

種類:学生アイデアで開発した3種類の「クリームボックスのクリーム」

・キャラメル味(大玉村のキャラメルをイメージし、鏡石町産のイチゴをトッピング)

・ハチミツ味(二本松市産のハチミツを使用)

・ハバネロ味(平田村産のハバネロを使用)

kurimu4
kurimu5
kurimu
kurimu1
kurimu2

『こおりやま広域圏』を世界に発信!各プロジェクトが実践フェーズに移行!

プロジェクトの実践がスタートしました!

8月のワークショップを終え、これまでSNSを使って自由に意見を出し合い、プロジェクトをブラッシュアップしてきました。ついにそのプロジェクトの実践が11月からスタートしました!

広域圏の食材を使った食品開発や広域圏を題材としたプロモーション動画、PRムービー、グッズ製作など、アドバイザーを交えより良いものを作ろうと様々な意見を出し合い、作曲や写真撮影、試作品製作を行っています。アドバイザーのプロの技術を目の当たりにし、とても良い刺激となっています。

来年の成果報告に向け、チーム一丸となって取り組んでいきます。

wakabo10

【グルメチーム】試作品製作に奮闘中!プロの技術はすごかった!

wakabo6

【グッズチーム】いろんな色・香りを混ぜてonly oneを作成中!

プロジェクトチームについて
チーム 取組内容
グッズチーム こおりやま広域圏の学生が広域圏の同世代に届ける特別なカラーバスソルトの製作(4種類)
グルメチーム こおりやま広域圏の食材を使ったクリームボックス用クリームチューブの製作(3種類)・試食イベントの開催
ソング&ムービーチームA こおりやま広域圏プロモーション動画の製作
・オリジナルストーリーをオリジナルテーマソングとダンスで紹介
ソング&ムービーチームB こおりやま広域圏PR動画の製作
・広域圏の名所や名もない風景をオリジナルテーマソングで紹介

 

ワークショップを開催しました!!

8月7日、8日、9日の3日間にわたり、郡山市役所においてワークショップを開催しました。

開会式では品川市長より「こおりやま広域圏には国境や税関などのボーダーはありません。プロジェクトアドバイザー、サポーター、そして学生の皆さんで、ボーダレスな対話とコミュニケーションの新しいあり方の開発をしてください。」と激励がありました。

初日は、チームメンバーを発表し、自己紹介やアイスブレイクを通しチームとしての一体感を醸成し、2日目から、アドバイザーを交え自由に意見を出し合い、「想い」の共有をするとともに、各自のやりたいことを具体的なプロジェクトとしてまとめていきました。「ボーダレス」をテーマとしたワークショップでは、会場を飛び出しメンバーが広域圏の観光地やパン屋、温泉に出かけて関係者にインタビューするなど自発的な行動も始まりました。3日目には、チームごとに提案内容を発表し、全体共有を行いました。

年内の提案・実践、2月の成果報告に向け、誰一人取り残すことなく、チーム一丸となって取り組んでいきます。今後の展開に目が離せません!

wakabo
wakabo3
wakabo4
wakabo5

こおりやま広域圏わかものボーダレスプロジェクト2019って何だろう?

「こおりやま広域圏わかものボーダレスプロジェクト」は、広域圏の将来を担う若者が交流する機会を創出し、若者の視点による「新しい発想」を取り入れるため、「提案・実践・発表」のパッケージによる新たな取組として実施するものです。

初年度である2019年度は、形成間もない「こおりやま広域圏」の認知度を高め、世界に発信するための「効果的な手法」を3チームに分かれて開発します。各分野で活躍する専門家のサポートもあり、安心して企画からPRまで携わることができます!

2019年度テーマ

<2019年度メインテーマ>

こおりやま広域圏の魅力を世界に発信

<3つのチーム編成>

1.「ノベルティグッズ」チーム ~新しいグッズで広域圏をおしゃれにPR~

2.「ソング&ムービー」チーム ~魅力いっぱいの広域圏を動画でPR~

3.「グルメ」チーム ~広域圏の素材で美味しく楽しくPR~

posta

2019年度成果報告書

2019年度成果報告書はこちら(PDF:2.2MB)

この記事に関するお問い合わせ先

政策開発部政策開発課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2021 ファックス番号:024-924-2822

更新日:2020年03月27日