平成30年度冬の行事

一年間お世話になりました

保護者の皆様をはじめ桃見台保育所に関わるすべての皆様、平成30年度は大変お世話になりました。今年度は、「桃見台フェスティバル」の催しを介し、より多くの皆様と関わることができました。たくさんの笑顔やたくさんの優しさに触れる機会をいただいたことに心より感謝申し上げます。来年度も引き続き、「楽しい保育所」を目指しながら保育を進めていきたいと思いますので、ご協力よろしくお願いいたします。

記念

春がやってきました

保育所の花壇にかわいいお花が咲き始めました。暖かい春はもうすぐです。子どもたちは、朝から戸外遊びを楽しみ、体操をしたりかけっこをしています。子どもたちの大好きな虫探しも早くできるといいですね。

体操

かけっこ

かけっこ

小学校訪問

3月7日(木曜日)4月に小学校入学を控えた子どもたちが、小学校を訪問し、一年生の授業の様子を参観してきました。今日は、図工の授業の参観です。廃材を使っての製作に子どもたちは興味深々。ハサミやのりを上手に使い、アイディアに満ちた作品作りをしている姿に驚いていました。また、一年前まで、同じ保育所にいた先輩のお兄さん、お姉さんにも再会してとても嬉しそうでした。

お別れ会

2月27日(水曜日)就学児の満了に伴い、お兄さんお姉さんに感謝の気持ちを込めてお別れ会を開きました。月一回開かれる異年齢児交流「なかよし広場」では、大きいお友だちが優しく声をかけたり、手を引いて誘導したり、お散歩を楽しむ姿がたくさん見られました。

会では、各クラスで出し物をし、プレゼント交換で「ありがとう」の気持ちをを伝え、就学児からは、素敵な手紙の朗読、そしてサングラスをかけてのダンス発表、手作りペンダントのプレゼントがありました。

お別れ会

お別れ会

お別れ会

お別れ会

お別れ会

お別れ会

お別れ会

お別れ会

一日保育士体験

2月になり6日(水曜日)と21日(木曜日)、年長組2名の保護者さんが、一日保育士体験に参加してくださいました。今年度は2月が参加最後の月でしたが、年間で13名の保護者の皆様の参加があり、参加された皆様からは、毎回「貴重な体験ができました」「保育所での子どもの様子を見ることができて良かったです」「保育士さんはとても大変ですね。ありがとうございます」と温かい言葉もたくさんいただきました。元気な子どもたちとの一日は、当然体力勝負ではありますが、一緒に歌ったり、笑ったり、走ったり・・・たくさんの元気をいただきます。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。来年度も是非ご参加ください。

一日保育士体験

保育士

節分豆まき会

2月3日の節分を前に、保育所では2月1日(金曜日)節分豆まき会を行いました。今、世間ではインフルエンザが大流行。そんな中、今年はインフルエンザ鬼が登場し、子どもたちは鬼に豆をぶつけて、鬼退治をしました。病気知らずの「ももみっ子」頑張れ!

いわしとヒイラギをクラスの入り口に飾りました。鬼が来ませんように!

ひいらぎ

就学児が代表で豆まきです。「鬼はそと、福はうち」…福が来ますように。インフルエンザが流行りませんように。

鬼

インフルエンザの鬼の登場です。優しい鬼なんですけどねぇ~…鬼

鬼を見てびっくりして泣いたお友だち、笑っているお友だち…お遊戯会に登場した「泣いた赤鬼」の優しい鬼を思い出して…

鬼

鬼

子どもたちの元気に鬼はびっくり!!…今年の鬼も「やられた~」とあっという間に逃げていってしまいました。

そり遊び

週末に降った雪が保育所の庭を真っ白に染め、今日はその雪で子どもだちがそり遊びを楽しんでいました。二人一組になり「ヨーイ・ドン」の合図でスタートです。子どもたちの楽しいそうな姿…・見ている皆を笑顔にしてくれました。

雪

雪

ペップキッチン

1月22日(火曜日)就学児10名がペップキッチンのクッキング体験に出かけました。今日の献立は「中華スープ」と「肉巻き野菜」…スタッフのお姉さんとの約束に耳を傾け、調理が始まると熱心に取りんで、出来上がったおかずを美味しそうに食べる子どもたちがとても可愛かったです。今回のクッキング体験を通して、料理をすることに関心を持ち、お手伝いの幅が広がることを願っています。

ペップ

ペップ

ペップ

餅つき大会

1月18日(金曜日)桃見台地区の餅つき大会が開かれ、年長クラスのお友だちが、千本杵を使った餅つき体験をしました。「餅つきの歌」に合わせ「よいしょ、よいしょ」のかけ声をかけながらついた餅は、見た目にもとても美味しそうなスベスベお肌のお餅でした。桃見台地区町内会の皆さま、貴重な体験をありがとうございました。

餅つき

餅つき

この日、一日保育士体験に参加されたお母さんも、餅つき大会に同行してくださり、とても楽しかったとの感想をいただきました。また、一日保育士として子どもたちにパネルシアターを見せてくださりありがとうございました。

餅つき

あさか開成高校生の保育実習

1月18日(金曜日)あさか開成高校の学生さんが保育実習に来ました。夏に行われた「桃見台フェスティバル」のお手伝いをしてくれた学生さんもたくさんもおり、子どもたちに手作りコマのプレゼントを持ってきてくれました。短い時間の触れ合いでしたが、一緒に楽しい時間を過ごすことができました。高校生の皆さん、ありがとうございました。

あさか

あさか

あさか

凧あげ・一日保育士体験

冬晴れの日、年長クラスのお友だちが、凧あげをしました。先生が準備したビニール凧に、子どもたちが思いおもいの絵を描き、オリジナル凧の完成です。竹ひごでしっかりと土台を作った凧は、風に乗り勢いよく飛んでいました。

たこ

たこ

たこ

この日、一日保育士体験があり、参加されたお母さんは、凧制作のお手伝いをしてくださったり、凧あげを子どもたちと一緒に楽しみました。我が子の保育所での姿を見て、家での姿との違いを知り、改めて子どもの成長を感じたとのことでした。帰る時のお子さんの嬉しさと満足気な顔がとても印象に残りました。お母さん、お疲れ様でした。

110番の日「ふれあいフェスタ」

1月10日(木曜日)イトーヨーカドー郡山店で開催された110番の日「ふれあいフェスタ」に参加してきました。警察署から声かけをいただき、県警音楽隊の演奏を鑑賞したり、パトカーに乗せていただいたり、ふくしまキッズマンとダンスを踊ったりしながら、感動と楽しさを味わうことができました。

警察

けいさつ

警察犬の臭気検索の実演では、警察犬の賢さに感動です。

舞台

ファイヤーボンズチアダンサーとふくしまキッズマンのコラボダンス、とてもかっこ良かったです。

ふれあい

伝承遊び

1月10日(木曜日)地域のお年寄りの方々が来所し、子どもたちにコマやけん玉、あやとりなどの伝承遊びを教えてくださいました。一人ひとりに丁寧に優しく教えてくださり、とてもありがたかったです。また、参加されたおじいちゃんにマジックを見せていただいたり、最後には皆で「フルーツバスケット」を楽しみ、笑顔いっぱいの素敵なひと時を過ごすことができました。おじいちゃん、おばあちゃんありがとうございました。また、遊びにきてください。

伝承会

年長組のお友だちが「ラ・サレガマーネデ」のダンスを披露しました。

伝承

かるた

この日、一日保育士体験もあり、参加されたお母さんも一緒にゲームに参加したり、保育士のお手伝いをしてくださり、お子さんの成長を感じつつ、保育所での生活の様子を見て安心しましたとの感想をいただきました。

伝承 

あけましておめでとうございます。

新しい年を迎え、子どもたちと新年のあいさつを交わし、休み中の出来事を話したり、お年玉の話をしたり…

休み中に皆が事故やケガに遭うことなく、元気な笑顔で新しい年を迎えられたこと、とても嬉しく思います。

1月9日(火曜日)子どもたちは、外に降り積もった雪で(ほんの少し積もっただけですが…)雪遊びを楽しみました。寒さに負けず、病気に負けず、四季の変化を感じながら、自然の中でのびのびと遊べるようにしたいと思います。桃見台保育所に関わるすべての皆さま、今年もよろしくお願いいたします。

新年

新年

一年間お世話になりました。

今年の桃見台保育所はたくさんの思い出ができました。なかでも「桃見台フェスティバル」は、子どもたち、保護者の皆さま、地域の皆様、学生さん…たくさんの方々と協力し、触れ合い、参加された方々と楽しさを共有し、保育所にたくさんの笑顔の花を咲かせることができました。来年も、皆様の協力を得ながら、楽しい保育を進めていきたいと思いますので、ご協力よろしくお願いいたします。

5834

すみれ

ゆり

 おはなし会「おはなし玉手箱」

12月26日(水曜日)今年度最後の「おはなし玉手箱」さんによるお話し会が開かれました。最後のお話し会は、全児童が遊戯室に集まり、ブラックパネルシアターで「まっくろネリノ」「お月様ってどんな味」「竹取物語」を見せていただき、暗闇の中で光る絵に子どもたちは、興味津々で見入っていました。

お話

お話

お話

お話

ヒップホップ教室

12月20日(木曜日)りっちゃん先生の指導のもと行なわれたヒップホップ教室が最後になりました。先生が前に立つだけで子どもたちは「U・S・A」と勘違い。両手を後ろで組んで後ろ向きのポーズになります。その姿がとても可愛く、皆で大笑い。このダンスレッスンが、ダンス好きの子どもたちの源になることを期待したいです。りっちゃん先生、一年間ありがとうございました。子どもたちの成長を楽しみにしてください。

ダンス

ダンス

 人形劇

12月18日(火曜日)札幌市こどもの劇場やまびこ座の劇団「オセロ」さんが来所し、子どもたちに人形劇やパネルシアターを観せてくださいました。お迎えの時間帯からの人形劇は、お迎えのお母さん方も一緒に観劇することができました。会場には、たくさんの笑いが響き渡りました。「オセロ」さん、遠くからありがとうございました。

人形劇

劇

劇

なかよし広場(お遊戯会ごっこ)

12月14日(金曜日)異年齢児交流活動「なかよし広場」では、先日のお遊戯会で発表した劇などを、縦割りの遊びの中で役を交代して遊びました。中でも年長さんの発表した「泣いた赤鬼」の劇では、鬼の役を小さいお友だちが変わって演じました。踊ったり、セリフを言ったりするその姿を見て、子どもたちの学びと成長を改めて感じました。

広場

なかよしなかよし

ミニお遊戯会

12月11日(火曜日)ミニお遊戯会が開かれました。おじいちゃんやおばあちゃん、地域の方々をお招きして、子どもたちがお遊戯会と同じように劇やお遊戯の発表をしました。会場からは、たくさんの拍手をいただき、時折、笑いや声援が会場いっぱいに湧きあがりました。お遊戯会から2度目の発表となり、子どもたちも慣れてきたのか、笑顔が多く見られたような気がします。来年の発表もぜひ見に来てください。

ミニお遊戯会

お遊戯会

12月8日(土曜日)平成30年度お遊戯会が開かれました。子どもたちは、歌、お遊戯、劇、合奏などの発表をし、参加くださった保護者の皆様から温かい拍手をたくさんいただきました。お友だちと協力しがら、進めてきた表現活動の発表で、達成感や満足感を感じた子どもたちが、これからも心豊かに大きく成長してくれることを願っています。発表の後には、子どもたちが待ちに待ったサンタさんが来て、たくさんプレゼントをいただきました。サンタさん、ありがとうございました。

サンタ

 

更新日:2019年03月29日