記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されました

平成26年1月から白色申告の方に対する対象者が拡大されました。

白色申告の対象者
  改正前 改正後
事業所得者(営業等・農業)
  • 青色申告者
  • 一定の所得がある
白色申告者
白色申告者も含めた全ての方
不動産所得者
  • 青色申告者
  • 一定の所得がある
白色申告者
白色申告者も含めた全ての方
山林所得者
  • 青色申告者
  • 一定の所得がある
白色申告者
白色申告者も含めた全ての方

改正前の記帳・帳簿等の保存制度の対象者は、白色申告の方のうち前々年分あるいは前年分の事業所得等の金額の合計額が300万円を超える方です。

平成26年1月からの記帳・帳簿等保存制度

対象となる方

事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき業務を行う全ての方です。

所得税の申告の必要がない方でも、記帳・帳簿等の保存制度の対象となります。

記帳する内容

売上げなどの収入金額、仕入れやその他の必要経費に関する事項を帳簿に記載します。

帳簿に当たっては、一つ一つの取引ごとではなく日々の合計金額のみをまとめて記載するなど、簡易な方法で記載してもよいことになっています。

帳簿等の保存

収入金額や必要経費を記載した帳簿のほか、取引に伴って作成した帳簿や受取った請求書・領収書などの書類を保存する必要があります。

帳簿書類の保存期間
保存が必用なもの 保存期間
収入金額や必要経費を記載した帳簿(法定帳簿) 7年
業務に関して作成した上記以外の帳簿(任意帳簿) 5年
決算に関して作成した棚卸表その他書類 5年

業務に関して作成し、又は受領した請求書、納品書、送り状、受領書などの書類
5年

帳簿をお持ちで無い方は、以下のファイルをご利用ください。 なお、この帳簿様式は任意の様式です。

具体的な記帳のしかたについては下のPDFファイルをご覧ください。

具体的な記帳のしかた(PDF:3MB)

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

税務部市民税課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2081 ファックス番号:024-935-5320

更新日:2019年03月01日