平成30年度家庭教育学級生合同学習会実施結果

平成30年度家庭教育学級生合同学習会を開催しました

平成30年8月18日に、ほっとあたみ(熱海多目的交流施設)において、平成30年度家庭教育学級生合同学習会を開催しました。

当日は、約150名の皆さんにご参加いただき、基調講演と5つの分科会による意見交換会を行いました。

基調講演では、お笑いコンビの母心と道因寺住職の石田宏壽氏を講師に招き、それぞれ『みんなが知らない母心』、『今日から親ができること』のテーマで、お話をいただきました。

基調講演前半の様子の写真
基調講演後半(石田宏壽氏)の写真

開催日時

日時

平成30年8月18日(土曜日)午後1時30分~午後4時30分

場所

ほっとあたみ(熱海多目的交流施設)

基調講演

前半

テーマ

『みんなが知らない母心』

講師

母心(お笑いコンビ)

後半

テーマ

『今日から親ができること』

講師

石田宏壽氏(道因寺住職、元郡山市教育委員会委員長)

分科会

分科会の詳細
分科会 テーマ 助言者
第1分科会 『上手なほめ方、しかり方とは』
~ほめ方・しかり方のポイントを学び合おう~
郡山家庭教育を支援する会
津田智氏
第2分科会 『SNSの世界でつながる若者を知ろう』
~子どもたちを取り巻くSNSとの上手なつきあい方を考えよう~
郡山家庭教育を支援する会
武藤公夫氏
第3分科会 『子どもの「自信」を育てるには』
~子どもに自信を持たせる親の関わり方を学ぼう~
郡山家庭教育を支援する会
阿部嘉代子氏
第4分科会 『心豊かな子どもを育てるには』
~豊かな心を育てる親と子のふれあい方を考えよう~
郡山家庭教育を支援する会
北條スミ子氏
第5分科会 『わが子におとずれる思春期、そのとき親は?』
~思春期の子どもの成長と親の関わりを学ぼう~
郡山家庭教育を支援する会
川前範子氏

参加者の声から

基調講演

  • 「これでいいんだ。今のままで大丈夫なんだ。」と思えました。
  • 笑いがあり、親としての緊張がとてもほぐれました。
  • 母心さんのこれまでを知る中で心が開かれ、その後石田先生より子育てに重要なことをわかりやすくお話しいただけて大変有意義でした。
  • 見守ること、待つこと、居場所になること、言葉をかけること、毎日の何気ないことの積み重ねだと思いました。自分は家族というチームにいると思って、皆でよい家族にしていけると良いと感じました。
  • このような学習会は初めてでした。もうすぐ50歳になりますが、学ぶ面が多く、これからの生活に取り入れていきたいと思います。

第1分科会『上手なほめ方、しかり方とは』~ほめ方・しかり方のポイントを学び合おう~

第1分科会の様子の写真
  • 一人ひとり悩みについての話を聞いて、悩んでいるのは自分だけではないと思って心強くなりました。
  • 今日はみなさんの悩みを聞いて少し安心し、先生のお話しから子どもともっと話そうと思いました。
  • 様々な視点から意見が出され、とても良い会となりました。家庭での子育ての悩みを打ち明けられるこのような場所が必要ではないかと考えました。

第2分科会『SNSの世界でつながる若者を知ろう』~子どもたちを取り巻くSNSとの上手なつきあい方を考えよう~

第2分科会の様子の写真
  • 改めてSNS世界のこわさ、課題を再認識できました。
  • 親として大切なことをたくさん学べました。

第3分科会『子どもの「自信」を育てるには』~子どもに自信を持たせる親の関わり方を学ぼう~

第3分科会の様子の写真
  • いかに子どもの良いところを見つけてあげて自信をつけさせることが大切かを実感しました。
  • 先生の言葉に親であることに対して自信の持てない自分も肯定されたような気がしました。
  • 自分だけが悩んでいるのではない。それぞれの家庭でそれぞれのスタイルで子育てをしていることも知ることができて心強く感じました。

第4分科会『心豊かな子どもを育てるには』~豊かな心を育てる親と子のふれあい方を考えよう~

第4分科会の様子の写真
  • いろいろな方の話を聞くことで、自分では思いつかなかった考えに出会うことができました。
  • アイスブレイクが楽しく、初対面の方々とも楽しく話し合うことができました。
  • 様々な地域、家庭環境の方々とのおしゃべりは有意義でした。悩み相談のようになってしまいましたが、先輩方からのアドバイスが嬉しかったです。

第5分科会『わが子におとずれる思春期、そのとき親は?』~思春期の子どもの成長と親の関わりを学ぼう~

第5分科会の様子の写真
  • それぞれの悩みを共有できました。これから来る思春期の準備ができたと思います。
  • 進路は自分づくりの危機でチャンス、親は信じるしかないということがとても心に残りました。
  • 思春期は「子どもは親とは別の存在で独立した生き物」という言葉を胸に刻んで、子どもの選んだ生き方を一緒に応援していけたらと思います。

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会教育総務部生涯学習課

〒963-8601福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2441 ファックス番号:024-935-7834

更新日:2019年03月01日