郡山市社会教育委員の会議

社会教育委員の会議について

根拠法令

設置の目的・役割

郡山市社会教育委員は、郡山市社会教育委員条例第1条の規定に基づき、設置しています。

社会教育委員の主な職務は次のとおりです。

  1. 社会教育に関する諸計画を立案すること。
  2. 定時又は臨時に会議を開き、教育委員会の諮問に応じ、これに対して、意見を述べること。
  3. これらの職務を行うために必要な研究調査を行うこと。

委員名簿

  • 委員数20名以内
  • 任期2年(令和3年6月1日~令和5年5月31日)
社会教育委員名簿

NO

氏名

職業等

1

阿部 嘉代子

公募委員

2

石田 智宏

住職(道因寺)、NPO法人かぜのwa副理事長

3

伊藤 央奈

郡山女子大学 家政学部食物栄養学科 准教授

4

今井 美枝子

公募委員

5

遠藤 敦子

子育てサポーター

6

大平 泉

郡山市PTA連合会副会長(母親代表)

7

小川 一樹

放送大学福島学習センター

8

國分 球子

ぐるっと湖南・伝承会、NPO法人民俗芸能を継承するふくしまの会事務局長

9

佐藤 一夫

福島県ユニセフ協会常務理事・事務局長

10

佐藤 広美

NPO子育て支援コミュニティプチママン理事長

11

瀧田 勉

地域コーディネーター、ハーブとスローライフの研究家

12

細谷 雄次

ベスト学院株式会社代表取締役社長、美しい地球環境を守るNPO

13

宮本 孝

市民教育フォーラム理事、開成山大神宮宮司

14

宗像 鉄雄

福島再生可能エネルギー研究所長

15

柳沼 則子

郡山市セーフコミュニティ推進協議会副会長(交通安全母の会会長)

16

山本 宏樹

東京電機大学 理工学部 共通教育群 准教授

17

吉村 美和子

星総合病院入退院センター長

18

渡邉 和彦

郡山市立御舘小学校長

19

渡邉 澄眞子

郡山市婦人団体協議会副会長

20

和田 祐樹

地域コーディネーター、ホールアース自然学校福島校代表(NPO法人ホールアース研究所理事)

会議開催状況

前回委員名簿

  • 委員数20名以内
  • 任期2年(令和元年6月1日~令和3年5月31日)
社会教育委員名簿

NO

氏名

職業等

1

石田 智宏

住職(道因寺)、NPO法人かぜのwa副理事長

2

宮保 憲治

東京電機大学 システムデザイン工学部・情報環境学部教授

3

笹田 浩司

放送大学福島学習センター事務長

4

中岩 勝

福島再生可能エネルギー研究所長

5

大平 泉

郡山市PTA連合会副会長(母親代表)

6

渡邉 澄眞子

郡山市婦人団体協議会常任委員

7

國分 球子

ぐるっと湖南・伝承会

8

瀧田 勉

ハーブとスローライフの研究家

9

遠藤 敦子

子育てサポーター

10

渡部 幸子

ことふみ郡山

11

荒木 靖徳

郡山市立御舘小学校長

12

吉村 美和子

星総合病院入退院センター長

13

佐藤 一夫

福島県ユニセフ協会常務理事・事務局長

14

和田 祐樹

ホールアース自然学校福島校代表(NPO法人ホールアース研究所理事)

15

宮本 孝

市民教育フォーラム理事、開成山大神宮宮司

16

佐藤 広美

NPO子育て支援コミュニティプチママン

17

柳沼 則子

郡山市セーフコミュニティ推進協議会副会長(交通安全母の会会長)

18

深谷 昇

認定NPO法人キャリア・デザイナーズ理事長

19

細谷 雄次

ベスト学院株式会社代表取締役

20

加茂 稔

公募委員

教育長へ提言書を提出しました

令和3年3月22日(月曜日)に、石田智宏議長と國分球子副議長が、小野義明教育長へ提言書を提出しました。

提言は、「SDGsと社会教育」をテーマにした「提言書」と、家庭・学校・企業(職場)・地域でSDGs達成に向けて具体的に取り組むための「アイディア集」の2部構成となっています。

提言書を提出しました

提言

令和元年度から令和2年度会議開催状況

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会教育総務部生涯学習課

〒963-8601福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2441 ファックス番号:024-935-7834

更新日:2021年06月30日