こおりやま食のブランド推進協議会

こおりやまの農林水産物のブランド化を推進します!

「こおりやま食のブランド推進協議会」は、郡山市の産・学・官・金・福・士の業界の垣根を越えて連携し、本市産農林水産物の競争力強化や、ブランド化を推し進め、農林水産業者の経営向上や、地域の活力を向上させることを目的として設立された団体です。(会長:福島大学 則藤孝志准教授)

こおりやま食のブランド推進協議会規約(PDF:179.4KB)

会員について

郡山市内外の農業関係事業者、米穀業者、行政機関、学術機関、食品関係事業者などが会員となっています。

会員名簿(団体名のみ)(PDF:75.9KB)

会員種別

会員は次の3つに分かれています。

1号会員

協議会の目的に賛同する法人、団体または個人等で、負担金を納めたもの。総会での議決権を有し、協議会の助成制度(販売促進活動助成金)を利用できます。

販売促進活動助成金交付要領(PDF:77.7KB)

2号会員

協議会の目的に賛同し、また、協議会の事業の推進に必要な知識、経験、ネットワークを有する行政機関、学識経験者、営利活動を目的としない団体、個人等。総会での議決権を有します。

3号会員

協議会の情報を共有し、その活動をサポートする団体、個人等。総会での議決権を有しません。

負担金

1号会員のみ、負担金の納入が必要です。年間の負担金額は、法人会員1万円、個人会員5千円です。

新規会員募集中です!

本協議会の目的に賛同する団体、個人を募集しています。私たちと共に、郡山の食を盛り上げませんか?

入会届(ワード:34.5KB)
入会届(PDF:63.8KB)

事業内容

  1. 魅力的な地域資源の掘り起こしや地域産業の連携による売れる商品づくり等のモノづくりに関すること。
  2. 各種販売促進活動や、販路の開拓等の出口づくりに関すること。
  3. ブランド力、販売力向上を担う人材の育成等の人づくりに関すること。
  4. その他協議会の目標達成に向けて必要な事項の実施に関すること。

販売促進キャンペーン

農産物等の販路拡大と風評の払しょくを図るため、首都圏のイベントに出展するなどのキャンペーン活動を行っています。

販売促進キャンペーン

郡山産米「あさか舞」キャンペーン

郡山産米「あさか舞」を広く市内外へPRし、米の消費拡大を推進するため、各種キャンペーンを実施しています。

転入者プレゼントキャンペーン

新米のシーズンである11月に郡山市へ転入された世帯に、あさか舞1キロをプレゼントしています。

転入者プレゼントキャンペーン

購入者プレゼントキャンペーン

対象期間中、「あさか舞」をお買い上げの皆様に、抽選で豪華賞品が当たるキャンペーンを実施しています。

購入者プレゼントキャンペーン

ASAKAMAI887プロジェクト

郡山産米「あさか舞」のフラッグシップとなるコシヒカリの最高峰「ASAKAMAI887」プロジェクトを推進しています。

ASAKAMAI887発表会の様子

6次化商品の開発支援

農産物の消費拡大や地域活性化を図るため、鯉など地元特産品の6次化商品の開発を推進しています。

鯉のつみれ
鯉の白こうじ漬け

イベントの開催

郡山の食を盛り上げるイベントを開催しています。

ふくしまワイナリーフェス2019

ふくしま逢瀬ワイナリーを会場に、地ワインとのいろいろなマリアージュを楽しむイベントを2日間に渡り開催。お子様から大人まで楽しめる幅広いコンテンツ、地ワインに合うフードも充実した楽しいイベントとなりました。協議会は、主催の実行委員会の一員として参画しました。

https://fukushima-wineryfes.info/

ふくしまワイナリーフェス
ふくしまワイナリーフェス

“奥田政行シェフ×郡山食材”スペシャルディナー会

「鯉食キャンペーン2020」の特別企画として、地産地消イタリアンの第一人者であるアル・ケッチァーノの奥田政行シェフによる、鯉やうねめ牛、こだわりの特別栽培野菜やプレミアム米など郡山の食材をふんだんに味わえるスペシャルディナー会を開催しました。

スペシャルディナー会
鯉のオイル寿司

更新日:2020年04月07日