こおりやま産業クラウドファンディングプロジェクト一覧

資金調達に挑戦中のプロジェクト

2019年度のプロジェクト募集は終了しました。

各プロジェクトへのご支援、ありがとうございました。

期間満了のプロジェクト

1.「重度の障がい者が地域と繋がり、自立を可能とする住宅を建設!」

概要

法人化25周年という節目に、障がい者の本当の意味での自立を促すために、2020年5月に自立移行住宅を建設します。クラウドファンディングで、不足している備品購入費を募り、より良い環境づくりを目指します。

あいえるの会の画像

画像をクリックすると詳細ページを見られます

実行者

NPO法人あいえるの会

資金用途

自立移行住宅で使用する備品購入費

2.「より安心なグルテンフリーのパンを届けたい!」

概要

来年創業10周年を迎えるにあたって、機材を一新し、お客様から要望の多かったグルテンフリーの新商品を開発し、製造販売を目指します。

HomeMadeEndohの画像

画像をクリックすると詳細ページを見られます

実行者

遠藤邦子(天然酵母to国産小麦のぱん Home Made Endoh)

資金用途

機材費、試作材料費、販促物購入費、包装費、什器費など

3.「大堀相馬焼」300年の伝統を受け継ぎ、郡山に新たな特産品を!

粘土の生成を効率化する自動ふるい機を導入し、より多くの郡山産陶器を作成することで、認知度の向上、販路の拡大を図ります。

あさか野窯

画像をクリックすると詳細ページを見られます

実行者

志賀喜宏(あさか野窯代表)

資金用途

機材購入費

4.「福島県石川町 高校生の挑戦!タンブラー製作プロジェクト!」

概要

石川町の高校生と同町の文教福祉複合施設「モトガッコ」とが共同開発したタンブラーの製作費をクラウドファンディングで集めます。タンブラーを施設内のカフェなどで使用することで、産業振興や地域の賑わいづくりを目指します。

まちのリビングプロジェクト実行委員会

※画像をクリックすると、プロジェクト詳細をご覧になれます。

実行者

まちのリビングプロジェクト実行委員会

資金用途

タンブラー製作費

5.「福島県郡山市でみんなが集まれるeスポーツスタジアムを!」

概要

郡山駅前にイベントスペースとしても使えるeスポーツスタジアムをオープンさせるのに必要な整備費用を集めます。施設の整備により、若者から大人まで、多くの方が気軽に集まれる場とすることを目指します。

福島eスポーツ推進協議会プロジェクト画像

※画像をクリックすると、プロジェクト詳細をご覧になれます。

実行者

福島eスポーツ推進協議会

資金用途

施設整備費

6.「地域の人々が気軽に集まれる「子ども食堂」を、郡山市田村町に!」

概要

市内田村町にオープンさせる飲食店兼「子ども食堂」を、子どもだけでなく地域の人々が気軽に集まれる場とすることで、地域のコミュニケーションの活性化を図ります。

佐川桂樹プロジェクト画像

※画像をクリックすると、プロジェクト詳細をご覧になれます。

実行者

佐川 桂樹

資金用途

飲食店の整備費用

7「郡山市の障がい福祉制度や施設情報を「福ひろば」に掲載!」

概要

郡山市の介護に関するポータルサイト「福ひろば」に、障がい福祉に関するページを増設し、障がいを抱える方が必要なサービスを利用しやすい環境を整えます。また、サイトの広告主を募集し、運営の安定化を図るとともに、サイト運営において障がい者雇用の創出を目指します。

塙啓之プロジェクト画像

※画像をクリックすると、プロジェクト詳細をご覧になれます。

実行者

塙啓之(株式会社はなひろ代表取締役)

資金用途

ウェブサイト作成費等

 

8.「目指すは、B2残留!「財務課題」解消に向けて、新たなシンボルを」

概要

3rdユニフォーム作成費をクラウドファンディングで調達し、チームとファンとの絆を示す新たなシンボルとするとともに、クラブについて広く全国に知ってもらい、新たなファンの獲得、ゲームへの来場者の増加を図ります。

福島ファイヤーボンズプロジェクト画像

※画像をクリックすると、プロジェクト詳細をご覧になれます。

実行者

福島ファイヤーボンズ

資金用途

ユニフォーム作成費

特設サイト「こおりやま産業クラウドファンディング」がオープンしました。

特設サイト「こおりやま産業クラウドファンディング」が2019年10月2日にオープンしました。

こおりやま産業クラウドファンディング(外部サイトへリンク)

※11月下旬まで、プロジェクトを随時募集しています。

お申込み・お問合せは、

READYFOR株式会社( メールkoriyama@readyfor.jp )まで

2018年度に成立したプロジェクト

(1)郡山市で部活に打ち込む小中学生を応援する、フリーマガジンを!

小中学生のスポ小や部活動だけにフォーカスした地域密着型フリーマガジン「ジュニアアスリート郡山」を郡山市内限定で発行するプロジェクトです。

実行者

ジュニアアスリート郡山代表佐藤茂雄

資金使途

創刊にあたっての取材費用、製作費

(2)川俣シルクを使ったウエディングアクセサリーを全国の花嫁様へ

日本の伝統工芸つまみ細工を用いた、アールブランシェオリジナル・ハンドメイドアクセサリー。ドレスにも着物にも似合うアクセサリーを多くの方々に届けるプロジェクトです。

実行者

アールブランシェアクセサリーデザイナー五十嵐里枝子

資金使途

アクセサリーの製作費

(3)郡山発のブランド「GIGEN」のオリジナルジーンズをあなたに。

福島県郡山市で、震災・原発事故からの産業復興を目指すために、郡山発メイドインジャパンのオリジナル・ジーンズと新商品のデニムジャケットを販売するプロジェクトです。

実行者

株式会社マリン・トレードGIGEN楽天市場店店長及川浩幸

資金使途

デニムの制作費用

(4)なんだべ村、10年目の節目。今こそ、みんなで村を綺麗にしっぺ!

より多くの方々に里山を体験し、快適に宿泊してもらうために、運営している体験型農家民宿の水回りや電気設備を整備するプロジェクトです。

実行者

体験型農家民宿なんだべ村代表石井忠勝

資金使途

水場の配管、排水設備、電気設備の整備費用

(5)築120年の古民家美術館に、バリアフリートイレをつくりたい!

子どもからお年寄り、障がい者までもが集える古民家美術館をリニューアルオープンするために、バリアフリートイレを整備するプロジェクトです。

実行者

小さな森の和(やわらぎ)美術館館長大島和子

資金使途

バリアフリートイレの整備費用

(6)障がい者のチカラで古着を使った美しいタンブラーをつくりたい。

着物や古着の端材を使ったタンブラーをつくる仕事を創出することで、働く機会を失ってしまっている障がい者を支援するプロジェクトです。

実行者

株式会社えこでん代表取締役久我和也

資金使途

タンブラーの試作品づくり、マニュアルの整備費用

(7)気高く心優しい「奥会津」の精神を全国に。小説『只見川』出版。

会津の気高くひたむきな精神を伝え、全国に魅力を発信するため、奥会津を舞台にした新作小説『只見川』を出版するプロジェクトです。

実行者

有限会社アクト代表取締役高見沢功

資金使途

新作小説『只見川』の出版費用

(8)郡山発!オリジナルブランド「nacoknit∞」の新作をつくりたい!

「ナコニット」のニット帽子を中心とした秋冬サンプルを生産し、営業用のカタログを作成して、オリジナルブランドの更なる展開と女性の社会進出のきっかけづくりを目指すプロジェクトです。

実行者

キッチュナ代表佐藤なこ

資金使途

オリジナルニット帽子の生産、カタログ作成

(9)月間タウン誌「街の灯こおりやま」を発刊し続ける為のご支援を!

2018年3月に創刊した『月刊タウン誌街の灯(まちのひ)こおりやま』の発刊を継続するためのご支援、そして広くスポンサーや定期購読者を募集するプロジェクトです。

実行者

街の灯こおりやま編集長藤村和賢・藤村通子

資金使途

月刊タウン誌の発刊

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

産業観光部産業政策課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2251 ファックス番号:024-925-4225

更新日:2019年12月18日