Vol.1 佐久間康浩さん

安積歴史博物館で佐久間康浩さんが撮影している写真

足で撮ることを意識して、県内外を精力的にめぐり、独特の感性で撮影する写真家の佐久間さん。撮影へのこだわりと、今後の夢を伺いました。

プロフィール

田村町出身。栃山神小・二瀬中・郡山高校・県立総合衛生学院を卒業後、歯科技工士として働く。仕事のかたわら平成23年から撮影を始め、平成25年には海外で個展を開催。同年6月に脱サラし、「会いに来るカメラマン」として県内外の風景や人物などを撮影する。

インタビュー

心の素顔を撮影したい

 震災後、自分の子どもに県内の美しい風景を写真として残したいと思い、カメラを購入しました。試行錯誤でカメラに触れ、独学で技術を身に付けながら、仕事の合間に県内を巡り、桜や星空、季節の風景などを撮影しました。

 ある時、撮り貯めた写真をSNSで公開したところ、多くの撮影依頼や展示購入の連絡があったんです。作品が評価された驚きと、自分の人生を写真に賭けてみたい気持ちが一気に高まり、脱サラしてカメラマンになりました。

 撮影では、事前の打ち合わせを重視しています。依頼があるとすぐに訪問して、撮影目的やイメージを相談します。そして、価値ある1枚を撮るために撮影時期などを調整します。本番では、内面の魅力を引き出すために長期間密着することもあります。カメラを向けると硬い表情になる人が多いのですが、一緒に行動するうちに緊張がほぐれて、ありのままの素顔や豊かな表情を見せてくれるんですよ。

 また、プロの写真をより身近に感じてもらおうと、撮影会や写真教室を開いています。多くの方が家族写真を撮ったり、「こんなにきれいに写るんだね」とカメラを好きになる人が増えて、うれしいです。

 夢は、働く職人の表情を収めた写真集を作ることです。郡山に住んでいるからこそ見えるものを、SNSや展示会を通して世界に発信したいですね。

Dreamer Photo Library

佐久間さんが撮影した布引風の高原の夜景の写真

佐久間さんが撮影した布引風の高原の夜景

佐久間さんが撮影イメージを打ち合わせいている写真

打ち合わせで、撮影イメージを練り上げます。

(広報こおりやま2018年4月号より。内容は当時のもの)

この記事に関するお問い合わせ先

政策開発部広聴広報課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2061 ファックス番号:024-924-3180

更新日:2019年03月01日