湖南町の美しい自然

長く厳しい冬を乗り越えると、湖南町には、花々が咲き乱れる春が訪れます。
そこには、永い年月をかけた美しい自然の息吹が感じられます。
夏になると、猪苗代湖に集う人々の声が町を賑やかにし、秋には、山の恵みに舌鼓をうつ。
そばの花のじゅうたんが敷き詰められると、もうすぐ美味しい新そばの時季。
紅葉の季節が終わると、山里が冬支度をはじめ、冬の使者が猪苗代湖に今年もやってきます。

可憐にたたずむ水芭蕉の写真

会津布引山の裾野、湖南町馬入新田の湿原は水芭蕉の群生地です。
ハンノキ林の湿地に、数千株の水芭蕉が群生しています。
4月から5月にかけて、春の訪れを告げる美しい白い花が一斉に開きます。

赤津のカツラの写真

会津布引山に登る途中にある、国指定の天然記念物である我が国でも稀なカツラの大木。
「赤津のカツラ」は、布引山の守り神として、昔から大切にされてきました。

菅滝の写真

「菅滝(すげたき)」は、湖南町福良から猪苗代湖へと注ぐ一級河川菅川の源流で、高さ7メートル余り。
往古より禊(みそぎ)の場、降雨を祈願する場とされています。

関連リンク

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

湖南行政センター

〒963-1633 福島県郡山市湖南町福良字家老9381-2
電話番号:024-983-2111 ファックス番号:024-983-2462

更新日:2021年05月31日