猪苗代湖と磐梯山

水・風・空気・温泉。自然が薫るまち、湖南

猪苗代と磐梯山の絶景の写真

湖南町から見た、猪苗代湖と磐梯山

猪苗代湖は、「天を映す鏡のような湖」の意で「天鏡湖(てんきょうこ)」の別名で呼ばれるほど透明度の高い澄んだ水質の湖で、「会津富士」と呼ばれる磐梯山の南側に面し、面積は全国4番目を誇ります。

郡山市が、現在のような東北を代表する都市にまで発展したのは、この猪苗代湖のおかげです。
時をさかのぼること約130年前、明治時代という日本の大転換期に、全国初の国営開拓事業として行われた「安積開拓事業」と、水利が悪く、荒涼とした安積原野(現在の郡山市内)に猪苗代湖から水を引くという「安積疏水の開さく事業」という二大事業の実施により、約4千町歩の開墾が行われ、これを契機として、郡山市は未曾有の発展を遂げました。

奥羽山脈を突き抜ける「一本の水路」は、郡山の未来を拓き、今なお、猪苗代湖から郡山に「命の水」をもたらし、開拓精神とともに受け継がれています。

四季折々の表情を見せる猪苗代湖は、郡山市民にとって、まさに母なる湖です。

湖水浴を楽しむ方々の写真
水上スポーツのメッカの写真
名物赤はら(ウグイの俗称)釣りの様子の写真

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

湖南行政センター

〒963-1633 福島県郡山市湖南町福良字家老9381-2
電話番号:024-983-2111 ファックス番号:024-983-2462

更新日:2021年06月01日