三穂田町の地名の由来

江戸時代から明治にかけて、この付近の村々は分合を繰り返していました。
明治22年に、下守屋と富岡と鍋山が合併して三つの村の和をとなえて「三和村」に、また、八幡と駒屋、野田新田、山口、大谷の各村が合併して、「穂積村」となりました。
昭和28年に町村合併促進法が公布され、町村合併の機運が高まり、昭和30年3月に三和村と穂積村、それに安積町から分離した川田地区の合併が決定しました。
新村名には、以前から区域内で称されていた「三穂田」が決定されました。
これは、各地名から一文字ずつ取ったもので、ここに正式に「三穂田」の地名が誕生しました。

笹原川千本桜の写真

関連リンク

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

三穂田行政センター

〒963-0125 福島県郡山市三穂田町富岡字鹿ノ崎11-1
電話番号:024-954-2111 ファックス番号:024-953-2217

更新日:2019年03月01日