介護資格取得のための費用の一部を助成します(受付中)

介護・福祉分野に就職を希望している方や、介護・福祉サービス施設で職員として働いている方で、スキルアップのために資格を取得したいと考えている方の資格取得費用の一部を助成します。

対象となる講習

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修

対象者

申請日以前から市内にお住まいで、かつ郡山市に住民票があり、市税等に滞納がなく、次の1~4のいずれかに該当する方

  1. 一般求職者(ハローワークに求職登録をした方)
  2. 介護分野に就職を希望する高校(注釈1)2・3年生
  3. 介護分野に就職を希望する大学生等(注釈2)
  4. 市内の介護サービス事業所(注釈3)と雇用契約を締結して働いている方
  • (注釈1)高校とは、学校教育法に規定する全日制、定時制、通信制の高等学校、特別支援学校の高等部、専修学校の高等課程です。
  • (注釈2)大学生等とは、学校教育法に規定する大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程のみ)です。
  • (注釈3)市内の介護サービス事業所及び障がい福祉関係施設については関連リンクをご覧ください。一部対象外の事業所がありますので、詳しくは雇用政策課までお問合せください。

助成要件

  • 申請される方が、一般求職者の場合は、研修修了後に当該年度内に、郡山市内の介護サービス事業所に就職をすること、又は内定をもらう必要があります。
  • 学校の授業等で資格が取れる方は対象になりません。
  • 他の団体などから資格取得に係る費用の全部又は一部について、助成を受けている場合は対象になりません。
  • 年度内に研修が修了しなかった場合は、助成されません。
  • 申請手続きの前に、研修受講を申込みされた場合は助成の対象になりません。

定員数

  1. 介護分野に就職を希望する高校生・大学生 10名程度
  2. 一般求職者・介護サービス事業所に勤務の方 40名程度

予算の範囲を超える見込みとなった場合は、募集を終了しますので、ご了承ください。

助成金額

研修にかかった受講料と教材費の5割(上限10万円)

ただし、高校生・大学生等は10割(上限10万円)

※いずれも1,000円未満は切り捨て

過去に本助成金の交付を受けている方は、過去分と合わせて10万円が上限になります。

(例:過去に7万円の助成金を受けている場合、今年度は3万円が上限)

助成までの手続きの流れ

交付を受けるには受講開始前受講修了後の両方の手続きが必要です。受講開始後の申請については助成されません。

申請前

制度の詳細や申請書類などの確認をしますので、あらかじめご連絡をお願いします。

受講開始前の申請 (受講の申込みをする前に)

窓口、または郵送にて申請してください。申請に必要なものは次のとおりです。

申請時には添付書類をご確認の上、不備のないようにご提出ください。

共通

その他

  • 求職者の方→求職中であることがわかる書類(ハローワークカード)
  • 高校生や大学生など→学生証のコピー
  • 介護サービス事業所で働いている方→就労を証明するもの

研修受講

市から「交付決定通知書」が交付されたら、研修を受講します。

研修受講修了後の手続き

受講が修了して費用の支払が終わったら、雇用政策課で手続きをします。

共通

その他

・求職者の方→市内の介護サービス事業所が発行する就業又内定を証明できる書類

ただし、内定を証明する書類を提出された場合には、申請翌年度の4月末までに就業を証明する書類を提出していただきます。就業を証明する書類が揃った時点で、助成金のお支払い手続きをいたします。

・介護サービス事業所で働いている方→就労を証明するもの

助成金の交付

審査の上、指定された口座へお支払いします。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

政策開発部雇用政策課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2261 ファックス番号:024-924-2822

更新日:2020年04月01日