ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルスワクチン接種情報ポータル > 小児(5歳から11歳)のワクチン接種

本文

小児(5歳から11歳)のワクチン接種

ページID:0020895 更新日:2023年11月22日更新 印刷ページ表示

 

新型コロナウイルスワクチンの小児接種(5歳から11歳)

国の方針(経緯)

◎令和4年2月10日厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会
新型コロナウイルス感染症のまん延の状況や有効性・安全性等に関する情報を踏まえて、5歳から11歳の小児に対する接種の努力義務について議論。

・オミクロン株流行下でのエビデンスが不十分であることから、小児接種に関して努力義務は適用しない。

◎令和4年8月8日厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会

・オミクロン株流行下での新たな知見(有効性・安全性等)を踏まえて、小児接種に関して努力義務を適用することが適当。

◎令和4年9月2日厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会

・2回目接種完了後5か月以上を経過した小児への3回目接種の実施について諮問、答申。
・小児への3回目接種についても努力義務を適用することが適当。

↠9月6日にワクチン接種に関する法令等が施行され、小児接種に関して努力義務が適用となりました。
※努力義務とは「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法上の規定のことで、義務とは異なります。接種は強制ではなく、ご本人と保護者が納得した上でご判断いただくことになります。

(参考ページ1)「なぜ小児の接種に「努力義務」が適用されるようになったのですか」【新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)】<外部リンク>

(参考ページ2)「今回のワクチン接種の努力義務とはなんですか」【新型コロンワクチンQ&A(厚生労働省)】<外部リンク>

◎令和5年2月28日厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会

・接種開始からの期間が短いため、令和5年度も接種期間を延長することが適当。

◎令和5年3月7日厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会

・ファイザー社の小児用(5歳から11歳)のオリジナル株とオミクロン株(BA.4/5)の2価ワクチンが薬事承認。
・初回接種を完了した小児に対しては、オミクロン株対応2価ワクチンによる追加接種が適当。

◎令和5年8月2日厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会

・オミクロン株対応2価ワクチンの初回接種の使用が薬事承認。
・小児の初回接種に用いることが適当。

◎令和5年9月8日厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会
・ファイザー社オミクロン株(XBB.1.5)対応1価ワクチンについて薬事承認。
・令和5年秋冬の接種に用いることが妥当​。


(参考ページ3)「5歳~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ」(厚生労働省)<外部リンク>

本市の対応

​令和5年9月20日以降、生後6か月以上のすべての方に対して、オミクロン株(XBB.1.5)に対応した1価ワクチンでの接種を行うことになったことから、本市でもオミクロン株(XBB.1.5)対応1価ワクチンによる接種を実施します。​

また、接種は「小児接種実施医療機関」で受けることができます。

なお、引き続きワクチン接種の効果や安全性、接種後の副反応について、市ウェブサイト等で周知を図っていきます。
(接種券の送付時には、接種に関する情報を掲載したお知らせを同封します。)


※接種によるメリット(重症化予防等)とデメリット(副反応)について正しい知識を持っていただいた上で、ご本人と保護者でよく相談してから接種するかどうかをご判断ください

使用ワクチン

◎初回(1・2回目)接種
対象者 1回目の接種日に5~11歳の方
ワクチン ファイザー社小児用オミクロン株(XBB.1.5)対応1価ワクチン
接種間隔 3週間の間隔を空けて2回目を接種

※ファイザー社(5~11歳用)の従来型1価ワクチン及びオミクロン株対応2価ワクチンは、令和5年9月19日をもって接種が終了しました。

◎追加接種
実施期間:令和5年9月20日~令和6年3月31日(令和5年秋開始接種)

対象者

初回接種を完了した方(追加接種(3回目以降の接種)の有無は問いません。)

ワクチン ファイザー社小児用オミクロン株(XBB.1.5)1価ワクチン
接種間隔 前回接種日から3か月以上
接種回数 1回

※12歳以上用のファイザー社ワクチンとは用法・用量が異なる別の種類のワクチンです。
【初回接種用】ファイザー社ワクチン(5歳から11歳用)1価ワクチン用 [PDFファイル/716KB]
【追加接種用】ファイザー社ワクチン(5歳から11歳用)1価ワクチン用 [PDFファイル/706KB]

12歳を迎える方へ(現在11歳の方)

接種するタイミングにより、使用ワクチンが変わりますのでご注意ください。

初回接種(1・2回目)
1回目接種日時点の年齢に応じたワクチンを使用し、2回目も同じワクチンを使用。
・1回目の接種後、2回目の接種前に12歳の誕生日を迎えた場合、1回目と2回目の接種は原則、同じ5~11歳用のワクチンを使用します。​

追加接種(3回目以降の接種)
・追加接種は、接種日時点の年齢に
応じたワクチンを使用。
・11歳以下と12歳以上では、接種するワクチンの種類も量も異なります。初回接種後、追加接種の前に12歳の誕生日を迎えた場合は、接種時の年齢に基づき、12歳以上用のワクチンを接種します。

※予防接種において、12歳の誕生日前日から「12歳」扱いとなりますのでご注意ください。

接種券送付スケジュール

初回接種用

対象年齢の方には接種券を送付済みです。
※乳幼児用ワクチン(生後6か月~4歳)の接種券をお持ちの方で、同ワクチンを未接種のまま5歳に到達した場合は、乳幼児用ワクチン接種券で小児用ワクチン接種ができます。

追加接種用

​初回接種から3か月を経過した方に追加接種用の接種券を送付します。

接種予約

接種券が届いた方から接種予約が可能です。
接種を希望する場合には、「小児接種実施医療機関」で接種予約を行ってください。

小児接種実施医療機関(令和5年9月1日現在)

<小児接種を実施する医療機関一覧>
地区名 医療機関名 特記事項(受付時間等) 予約方法
安積 かわなこどもクリニック ・平日午前9時30分~11時30分、午後(木・土を除く)15時~17時
・ネットは3日前まで可、変更・取り消しは電話必要
947-5377
​窓口
Web予約(Web受付は3日前まで)
大槻 チルドレンクリニック

・木曜日以外の平日9時~12時、13時30分~16時
・土曜9時から12時、14時から16時

952-3721
賀庄 おおのこどもクリニック ・9時~11時30分
・14時~16時30分
・かかりつけ患者または当院で前回接種した方のみ
937-3775
窓口
片平 おおがクリニック ・平日9時~11時30分、14時~16時30分 962-0611
窓口
亀田 さくまファミリークリニック ・9時~12時
・14時~17時
080-5744-8113
御前南 わんぱくさいとうこども医院 ・10時~11時 983-0189
桑野協立病院

・木曜日を除く、月~土曜日 9時~11時30分、14時~16時30分
・木曜日 9時~11時30分

933-5422
窓口
富田 さかい小児科クリニック ・14時~17時
・当院で予防接種歴のある方のみ
921-2216
虎丸 ユア・クリニックたかはし ・10時~12時
・16時~18時
990-0646
窓口
西ノ内 太田西ノ内病院   925-8508
富久山 いいもり子ども医院 Webで24時間受付 Web予約
町東 海野医院 ・平日9時~18時
・土曜9時~14時
952-5738
窓口
緑ヶ丘東 緑ヶ丘こどもクリニック ・かかりつけの方のみ 956-6006
窓口
向河原 星総合病院 ※詳細はコチラ↠ 「星総合病院での小児接種概要」
本町 菊池医院 ・Web Web予約
すみこしこどもクリニック ・9時30分~12時
・14時~17時
935-5000
窓口
八山田 むかわクリニック   933-7788
窓口
山崎 じんキッズクリニック ・月曜日~土曜日10時~12時
・月・火・水・金15時~17時
974-2525
窓口
トータルヘルスクリニック ・かかりつけ患者又は当院で予防接種歴のある方のみ予約受付 927-0305

「星総合病院での小児接種概要」

↠星総合病院では現在、金曜(祝日を除く)に小児外来での接種を実施しています。

(概要)
・接種時間帯は13時30分~14時
・接種人数は各日10人
・予約の受付時間は13時~16時(月曜から金曜)

(予約方法)
電話:0120-33-4895(予約センター)

留意事項

  1. 小児接種においては、必ず保護者の同伴が必要です。(同伴がないと接種は受けられません)
  2. 小児用ワクチンを受ける際には、感染症予防の効果と副反応のリスク双方について正しい知識を持ったうえで、本人と保護者の方の意思に基づいて接種をするかどうか判断してください。(ワクチンの接種はあくまで任意です。)
  3. 接種当日は以下の物を持参してください。
    ・接種券【1回目・2回目の方(シール式)、3回目・4回目の方(予診票一体型)】
    ・本人確認書類(健康保険証、こども医療費受給者資格証、マイナンバーカードなど)
    母子健康手帳
    ・記入済みの予診票
    ・お薬手帳(予診時に確認する場合があります)
  4. 前後に他の予防接種(インフルエンザの予防接種を除く)を行う場合、原則として新型コロナウイルスワクチン接種と13日以上の間隔を空ける必要があります。
  5. 新型コロナウイルスワクチンと他の予防接種(インフルエンザの予防接種を除く)を同時に行うことはできません。

ワクチンの効果・安全性

小児接種による感染症予防の効果や副反応のリスク等に関する情報は、以下のウェブサイト等に掲載されています。

厚生労働省

日本小児科学会

ファイザー社

12歳を迎えて接種する方へ

1回目接種日又は3回目接種日に12歳(※誕生日の前日から「12歳」の扱い)の方は、12歳以上用のワクチンを接種することになります。 
※接種券と予診票は小児用も12歳以上用も同じなので、そのままお使いください。

ファイザー社ワクチン説明書【初回接種】 [PDFファイル/724KB]
ファイザー社ワクチン説明書【追加接種】 [PDFファイル/871KB]
モデルナ社ワクチン説明書【追加接種】 [PDFファイル/864KB]
武田社ワクチン(ノババックス)説明書【初回接種】 [PDFファイル/854KB]


12歳以上の方は市内の接種実施医療機関で接種することが可能です。
コロナワクチンナビ(厚生労働省)を活用し、初回接種(1回目・2回目接種)の予約を受付している医療機関をお探しください。

「コロナワクチンナビ」

(参考資料)コロナワクチンナビの使用方法について[PDFファイル/172KB]

コロナワクチンナビ’入口<外部リンク>

(関連ページ)「新型コロナウイルスワクチン接種情報情報」

小児接種に関する相談窓口

「福島県新型コロナワクチン子ども相談窓口」

0120-191-567(受付時間は9時から20時まで。土日祝日を含む)
→小児接種の対象者及び保護者の方からのワクチン接種に関する全般的な相談に対し、看護師が対応します。

(こんな相談を受付します)

  • 自分の子ども(小児)に今後ワクチンを接種させるべきかどうか迷っている
  • ワクチンを接種後に副反応(発熱、痛み等)が生じたが、どうしたらよいか

※相談の内容によっては、かかりつけ医や接種医への受診をお勧めすることがあります。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)