ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症ポータル > 救急医療が非常にひっ迫しています

本文

救急医療が非常にひっ迫しています

ページID:0057597 更新日:2022年11月17日更新 印刷ページ表示

 市内の救急受入病院で新型コロナウイルス感染症のクラスターが多数発生しており、救急医療が非常にひっ迫しています。

 緊急性の高い救急患者の命を救うため、次の点に御理解と御協力をお願いします。

1 平日日中のうちに医療機関を受診してください

 体調が悪い場合には平日日中に医療機関を受診してください。早めの受診が症状の悪化を防ぎ、救急車の利用を防ぐことにつながります。

2 発熱等の症状がある方で重症化リスクが低い場合のお願い

 発熱等の症状があり、新型コロナウイルス感染症の疑いがある方で、65歳未満など重症化リスクが低い場合は、自身で抗原検査キットによる検査の実施について御協力をお願いします。

 陽性となった場合は福島県陽性者登録センターへの登録をお願いします。キットは自費で購入いただくか、福島県新型コロナ検査キット配布センターで無料配布しているものを御利用ください。

3 救急車を適切に利用してください

 救急医療がひっ迫していることから、救急搬送先がなかなか決まらない事案が多発し、市外への搬送事例も見られています。

 また、2021年の郡山地方広域消防組合管内における救急搬送者の半数は軽症者でした。緊急性の高い救急患者の命を救うために、救急車の適切な利用をお願いします。

参考1 救急搬送データ(出典:郡山地方広域消防組合) 

救急搬送件数

参考2 救急車を呼んだほうが良いかどうか迷う場合の相談先

コロナに関すること(全年齢)

  • 相談先:福島県受診・相談センター
  • 対応時間:24時間対応可能
  • 電話:0120-567-747

コロナ以外に関すること(15歳未満の方)

  • 相談先:福島県こども救急電話相談
  • 対応時間:午後7時から翌朝8時まで
  • 電話:#8000(固定電話プッシュ回線・携帯電話)または024-521-3790(固定電話ダイヤル回線・ひかり電話、IP電話など)

コロナ以外に関すること(15歳以上の方)

  • 相談先:福島県夜間救急電話相談
  • 対応時間:午後7時から翌朝8時まで
  • 電話:#7799(県内プッシュ回線・携帯電話)、024-524-3020(固定電話ダイヤル回線・ひかり電話、IP電話など)

ウェブサイト「こどもの救急」(日本小児学会)