ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 税務部 > 収納課 > 代理人が落札後の手続きを行う場合

本文

代理人が落札後の手続きを行う場合

ページID:0005274 更新日:2021年12月2日更新 印刷ページ表示

買受人本人が買受代金の納付等の手続きができない場合、代理人がそれらの手続きを行うことができます。
代理人がそれらの手続きを行う場合、以下の書類をご提出ください。

  1. 委任状(双方の印鑑が押印されていることが必要)
  2. 買受人本人の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のものに限ります。)
  3. 郡山市が買受人へ送信した電子メールを印刷したもの。
  4. 代理人が郡山市に直接持参する場合は、運転免許証、住民基本台帳カードなど、代理人の方の写真が添付されている本人確認書類を提示してください。免許証などをお持ちでない方は、住民票などの住所地を証する書面及びパスポートなどの写真が付いた本人確認書類を提示してください。

買受人が法人で、その法人の従業員の方が、買受代金の納付などを行う場合も、その従業員が代理人となり、委任状等が必要となります。

関連リンク

よくある質問

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)