オランダ農業セミナー

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた本市のホストタウン相手国であるオランダは、IT技術を活用したスマートアグリの導入等により、生産性の高い農業を展開し、農産物の輸出額は世界第2位の数字を誇っています。オランダ農業の特徴や農業のIT技術を紹介するためオランダ大使館と先進事業者を講師としてお招きしセミナーを開催しました。オランダ大使館農務参事官のエバート ヤン・クライエンブリンク氏からは、現在のオランダ農業の概要や輸出大国になるに至った経緯などをお話しいただくとともに、あかい菜園株式会社(いわき市)の船生典文氏からは、オランダ農業で普及している環境制御システム導入事例などをお話しいただきました。

開催日

平成30年2月7日(水曜日)

開催場所

郡山市役所 特別会議室

講師

駐日オランダ大使館 農務参事官 エバート ヤン・クライエンブリンク 氏

あかい菜園株式会社 船生典文 氏

参加者数

120名

オランダ大使館農務参事官の講演時写真です。
あかい菜園船生氏講演時の写真です。
農業セミナーの全体の写真です。

更新日:2019年03月01日