「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」局長賞を受賞しました!

岩瀬農業高等学校と共同でエントリーした内閣官房が主催する「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」において、「内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局長賞」を受賞しました。

当コンテストは、東京2020大会に向け、ホストタウンとして相手国の選手や関係者を「GAP認証食材」を活用したおもてなしをする企画を競うもので、本市は、ホストタウン相手国であるハンガリーへのおもてなしを想定して、同国との交流のきっかけである鯉を使った取組みを実施し、GAP認証取得している岩瀬農業高等学校とエントリーしました。

コンテストには全国から40チームがエントリーし、審査委員会において本チームは東北で唯一、入賞チーム(全9チーム)に選出されました。

また、審査の一環として、WEB応援投票及び現地応援投票(記入式)が行われましたが、現地応援投票において4位の投票数を獲得しました。

投票いただいた皆さま、応援ありがとうございました。

その他コンテスト結果については、下記WEBページをご覧ください。

GAP食材を使ったおもてなしコンテストWEBページ

エントリーした料理写真です。

考案した鯉やGAP食材を使った料理

岩瀬農業高校生徒の写真です。

メニューを考案した生徒

エントリー内容

タイトル

勝つために鯉(来い)!!~栄光へのクイックターン~

考案メニュー

  • 鯉メンチカツ
  • ハンガリーロール
  • シュウマイ
  • 鶏唐揚げ
  • スムージー
  • 米粉パン

GAP食材と鯉を使ったメニュー一覧(PDF:231.6KB)

岩瀬農業高校の生徒の皆さんが考案したメニューをハンガリー水泳チームの皆さんにご試食いただきました。

試食会の様子はこちら

更新日:2020年03月09日