郡山市保健所長から市民の皆さまへ(第1号 帰国者・接触者相談センターの設置について(記事掲載日:2020年2月10日))

 

第1号 帰国者・接触者相談センターの設置について(記事掲載日:2020年2月10日)

郡山市保健所長の塚原太郎です。

新型コロナウイルス感染症対策について、新しい取り組みが始まりました。郡山市保健所に帰国者・接触者相談センター(以下「相談センター」)を開設しました。その概要と市民の皆様のご利用の注意点について説明します。

<帰国者・接触者相談センター>

電話番号:024-924-2163

1.「相談センター」の役割について

この「相談センター」の役割は、新型コロナウイルス感染症を発症したことが疑われる患者さんが確実に「帰国者・接触者外来」を設置している病院に受診できるように調整することです。新型コロナウイルス感染症を疑う基準は4つ示されていますが、このうち中国湖北省滞在者に関係する2つの基準に該当する方専用の相談窓口です。

具体的には、

(1)発熱と呼吸器症状があり、14日以内に湖北省滞在歴がある方

(2)発熱と呼吸器症状があり、14日以内に湖北省滞在歴がある方と接触歴がある方

です。したがって、(1)または(2)に該当しない方からのご相談は一般の保健所相談(郡山市保健所地域保健課:024-924-2163 平日8時30分~17時)で対応しています。

2.「相談センター」の対応について

この「相談センター」にお電話いただいた郡山市民の方には、保健師が状況を確認させていただき、(1)または(2)の基準に該当すると判断した場合には、「帰国者・接触者外来」を設置する病院と調整し、相談者に受診先をお知らせします。一方、基準に該当しないと判断した場合には、かかりつけ医等病気になったときに通常受診する医療機関に受診していただくことになります。これは新型コロナウイルス感染症以外の発熱性の感染症にかかった患者さんが「帰国者・接触者外来」に集中しないための対応ですのでご理解ください。

3.「相談センター」から「帰国者・接触者外来」への移動について

(1)または(2)の基準に該当した場合の移動については、原則として、ご家族が運転する自家用車などでの移動をお願いします。タクシーのご利用は極力控えていただけると幸いです。万一、患者さんに感染が確認された場合、運転手が感染するおそれがあるからです。独居等の理由によりご自身での移動が困難な場合には、その旨保健師にご相談ください。

4.「相談センター」利用にあたって郡山市民の皆様にご協力いただきたいこと

「相談センター」は24時間対応しておりますが、「相談センター」を運営する保健所や市内の医療機関の診療体制が充実している日中(8時30分~17時)にご相談いただけると助かります。関係機関との調整もスムーズに進みます。発熱が37.5度に満たなくても日中のうちにご相談いただいた方がよい場合もありますので、市民の皆様にはこの「相談センター」を上手に利用していただくようお願いします。

最後に、新型コロナウイルス感染症対策へのご理解とご協力に感謝申し上げます。

次号では、疑い基準に該当した後の流れについて解説します。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部保健所地域保健課

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1
電話番号:024-924-2163 ファックス番号:024-934-2960

更新日:2020年02月25日