郡山市保健所長から市民の皆さまへ(第4号濃厚接触者への対応について)

 

第4号濃厚接触者への対応について(記事掲載日:2020年2月17日)

第2号では、「疑い患者」となった後の流れを解説しましたが、今号では、新型コロナウイルス感染症を発症していることが疑われた場合に、同居家族等の「新型コロナウイルス感染症の発症を疑う患者」と接触した方々に対する保健所の対応についてご説明します。

1.「濃厚接触者」って何?

確定患者さんと濃厚に接触していた方々を「濃厚接触者」の定義は、1.新型コロナウイルス感染症が疑われる方と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった方、2.適切な感染防護無しに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護若しくは介護していた方、3.新型コロナウイルス感染症が疑われる方の気道分泌液若しくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方 とされています。例えば、同居家族は「濃厚接触者」ですが、すれ違った程度の方は該当しません。患者を診療等された医療従事者や患者を搬送した救急隊員の場合、通常接触感染に対する標準的な予防策を講じておられますので「濃厚接触者」には該当しませんが、タクシーの運転手さんがなんの予防策を講じていない場合には該当します。

 

2.濃厚接触者は誰がどうやって決めるの?

保健所の保健師が「確定患者」の発症時期や行動を詳しく伺った上で、「確定患者」と接触した方々が「濃厚接触者」に該当するかどうか調査を行い、保健所長が総合的に判断します。境界線上で判断が難しい事例があることも想定していますが、福島県内で「確定患者」が報告されていない現時点(もちろん「濃厚接触者」もいません)では、郡山市保健所長としては境界線上で判断が難しい場合には「濃厚接触者」として判断する方針です。市民の皆様のご理解をお願いします。

 

3.「健康観察」の目的と期間は?

「濃厚接触者」に対しては、保健所が健康観察を行います。理由は、「濃厚接触者」がすでに感染している可能性を否定できないためです。1.万一発症した際には保健所が迅速に把握する必要があり、また、2.他人に感染を広げる行動を控えていただく必要があるからです。健康観察の期間は現時点では、「確定患者」と最後に接触した日から14日間(潜伏期間)です。

 

4.「濃厚接触者」は何をしたらいいの?

健康観察というと何をされるのだろうかとご不安かもしれません。今回の場合は、1.体温測定を毎日朝夕2回行っていただき、発熱(この場合の発熱は37.5度以下でも対象となります)や呼吸器症状が出た場合には速やかに保健所にご連絡いただくこと、2.不要不急の外出や人が混み合うイベントへの参加を自粛していただくともに、やむを得ず外出する場合には必ずマスクの着用するなど他人へ感染させないための行動を徹底していただくことの2点を保健所から要請させていただきます。何事もなく14日が経過すれば、保健所は健康観察を終了します。以降、通常の生活をしていただくことになります。

 

以上が「濃厚接触者」に関するご説明ですが、次号は最近市民の皆様からご相談いただいたご相談にどのように対応させていただいたかご紹介したいと思います。

新型コロナウイルス対策への市民の皆様のご理解とご協力に感謝申し上げます。

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部保健所地域保健課

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1
電話番号:024-924-2163 ファックス番号:024-934-2960

更新日:2020年02月25日