郡山市保健所長から市民の皆さまへ(第5号最近、渡航歴がない新型コロナウイルス感染者が国内各地で散見される状況について)

 

第5号最近、渡航歴がない新型コロナウイルス感染者が国内各地で散見される状況について(記事掲載日:2020年2月17日)

ここ数日、渡航歴のない新型コロナウイルス陽性患者国内各地で確認されていることが報道されています。このような状況の中で私たちは、この状況をどのように認識し、今後どのように行動する必要があるのか、私見も含めてお話ししたいと思います。

1.これまでの感染者の感染経路

これまで日本で多くの感染者が確認されています。このうち、武漢からチャーター便で帰国された方やダイヤモンドプリンセス号の乗客乗員の方々は日本以外で感染されたことが明らかですし、国内で感染が確認された方々も、多くは武漢からの訪日客や武漢のからの訪日客となんらかの繋がりがあった方々です。ほとんどの感染者の方は感染経路が特定できていました。

2.最近の感染者の感染経路と今後のこと

ところが、ここ数日に公表された感染者については、感染経路は調査中とされていますが、すぐに確定できていない例が目立ってきました。政府が取り組んでいる水際対策や各地の地方自治体が取り組んでいる封じ込め対策が効果を上げて感染は広がらずに収束することが最良のシナリオですが、そうならなかった場合、私たち市民はどのように行動していけばよいか考えてみましょう。

3.新型コロナウイルスとの向き合い方

国内での新型コロナウイルス感染症が広がることが避けられないとした場合でも、私たちは拡大のスピードを遅くすることはできます。スピードが遅くなるメリットはなんでしょうか。最大のメリットは、患者さんが医療機関に集中しないということです。特に重症の方が集中せず分散すれば、救命の確率も高くなりますし、医療機関や医療従事者の負担も軽くなります。医療機関待合室での感染リスクも減らすことができます。また、時間稼ぎをしている間に、治療法が開発されたり(国立国際医療研究センターで抗HIV薬の臨床試験が始まります)、一般の医院でも実施できる検査法が開発されたり、少し時間はかかりそうですがワクチンが開発されたり、より効果的にウイルスに対抗する手段を手に入れることができるからです。

新型コロナウイルスとの向き合い方

4.どのようにすれば拡大を遅らせることができるか?

市民の皆さんお一人おひとりが、1.自分がこのウイルスに感染しないよう注意すること、2.他人に感染させないよう配慮することの2点に尽きます。もちろん保健所は市内にこの感染症が広がらないよう、第1号から第4号でお話しした取り組みに最善を尽くしますが、市民の皆様のお取り組みもお願いします。次号は感染予防について、少々理屈も含めてお話しします。

新型コロナウイルス感染症対策への市民の皆様のご理解とご協力に感謝申し上げます。

 

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部保健所地域保健課

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1
電話番号:024-924-2163 ファックス番号:024-934-2960

更新日:2020年02月25日