郡山市保健所長から市民の皆さまへ(第7号新型コロナウイルスの検査について)

 

第7号新型コロナウイルスの検査について(記事掲載日:2020年2月20日)

第1号から第6号までに、疑い患者となってから検査、入退院、濃厚接触者への健康観察など一連の対応についてご説明しましたが、今号では、最近市民の皆様からいただいたご相談について、保健所の対応も含めてご紹介したいと思います。最も多かったのは、「海外旅行(中国以外の)から帰国後、新型コロナウイルスに感染したのではないかと心配なので、保健所で検査を受けたい」といったご相談です。

1.新型コロナウイルスの検査ってどんな検査?

PCR検査という特殊なウイルス検査です。咽頭拭い液と喀痰の2種類の検体を取り、特殊な処理をして、安全性の高い検査室で実施する検査です。医院で簡単にできるインフルエンザウイルス検査と違って、どこでも出来るというものではありません。

2.この検査はどこでできるの?

PCR検査機器自体は普及しているのですが、新型コロナウイルス専用のプライマーという試薬が開発されたばかりで一般には普及していません。このため、一般の医療機関や検査機関では実施できません。郡山市保健所でも実施していません。県内では唯一、福島県地方衛生研究所が国立感染症研究所から検査試薬の提供を受けて実施できます。

3.この検査はどういうときに受けられるの?

検査可能な件数に制約があるため、PCR検査の対象となるのは、国が示す「疑い患者」の基準に該当すると保健所が判断した場合です。「疑い患者」の基準が4つあることは第1号で説明しましたが、このうち2つの条件には、「湖北省(武漢を含む)及び浙江省」への渡航歴または滞在歴がある方との濃厚接触歴がありますので、中国以外の国からの帰国者は対象になりません。

4.湖北省や浙江省と関連がないと検査は受けられないの?

一方、湖北省や浙江省と関連がなくても残りの2つの基準「※」の(4)に該当すると医師が判断し、新型コロナウイルス感染症の疑い患者として保健所に届出をいただいた場合には、検査を実施することになります。

確かに、世界的には中国以外にも約30の国・地域で感染者が確認されており、これらの国に滞在中感染したのではないかと心配されるお気持ちはよく理解できますが、ご説明したような背景で、ご希望に添えないことをご理解いただければ幸いです。

新型コロナウイルス感染症対策への市民の皆様のご理解とご協力に感謝申し上げます。

※残りの2つの基準
(3)

発熱または呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、新型コロナウイルス感染症であることが確定したものと濃厚接触歴があるもの

(4)

発熱、呼吸器症状その他感染症を疑わせるような症状のうち、医師が一般に認められている医学的知見に基づき、集中治療その他これに準ずるものが必要であり、かつ、直ちに特定の感染症と診断することができないと判断し、新型コロナウイルス感染症の鑑別を要したもの

 

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部保健所地域保健課

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1
電話番号:024-924-2163 ファックス番号:024-934-2960

更新日:2020年02月25日