郡山市保健所長から市民の皆さまへ(第16号福島県内の発生状況と新たに郡山市へ転入された皆様へのお願い)

郡山市保健所長の塚原太郎です。

郡山市民の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症の蔓延について何かとご心配がおありではないかと思います。郡山市ではこれまで、保健所での相談対応や郡山市ウェブサイトでの情報提供などを行ってきましたが、市民の皆様により的確に情報提供できるように、郡山市ウェブサイトに「郡山市保健所長から市民の皆様へ」のコーナーを設け、市民の皆様により分かりやすい情報提供を行うこととしました。新型コロナウイルス感染症対応のご参考としていただけると幸いです。

第16号 福島県内の発生状況と新たに郡山市へ転入された皆様へのお願い(記事掲載日:2020年4月2日)

郡山市保健所長の塚原太郎です。

新年度を迎えました。郡山市保健所では人事異動で6人の新規採用職員を迎えて新年度の業務がスタートしました。市民の皆様の中にも、4月1日から進学や就職あるいは広域の人事異動で郡山市に転入された方がたくさんおられると思います。新たに転入された方々は新型コロナウイルスに関して郡山市がどうなっているのかご不安なこともおありかと思いますので、概要をお話しします。

1.福島県内の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況について

3月7日にいわき市保健所管内でダイヤモンドプリンセス号から下船された方1名(県内1人目)が、3月14日に郡山市保健所管内で海外旅行から帰られた方1名(郡山市内1人目)の発症が確認されています。いずれも国外で感染されたケースで濃厚接触者の発症も認められておりません。3月31日から4月1日にかけて、福島市保健所管内で3人、福島県相双保健所管内で1人の感染者が確認されています。この4名の方々について、関係保健所が疫学調査を行っており、調査の結果、濃厚接触者が把握されれば14日間の健康観察を行うこととなります。この4名の方々は市中感染の可能性も指摘されていますので、今後の推移を見守りたいと思います。

2.新たに郡山市へ転入された皆様へのお願い

全国的にみると、福島県は患者発生数が比較的少ない県になると思いますが、郡山市は東京駅から新幹線で約80分の近さにあり、福島県中央部の商工業の中心都市です。いつ感染者が急増してもおかしくない状況に変わりはありません。自らが感染しないための行動(手洗いの励行、人込み回避、三密回避、換気徹底など)と万一自身が感染していた場合に周囲の方に感染させないための行動(咳エチケットの励行など)のお取り組みをいただきますようお願いします。また、新型コロナウイルスに関する相談は保健所(024-924-2163)でも行っておりますし、発熱、呼吸器症状が出た場合には早めの医療機関受診をお勧めします。

新型コロナウイルス感染症対策への市民の皆様のご理解とご協力に感謝いたします。

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部保健所地域保健課

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1
電話番号:024-924-2163 ファックス番号:024-934-2960

更新日:2020年04月02日