「高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種」の御案内

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種は、高齢者の肺炎の重症化を予防する目的で行うものです。

 

平成31年3月に予防接種法が改正され、令和元年度から令和5年度までの5年間に限り、65歳の方に加え、70歳以上の方も再度対象となりました。

なお、すでに「23価肺炎球菌ワクチン」の予防接種を受けたことがある方は、対象になりません。

予防接種を受ける際は、必ず「予診票」が必要になります。詳細は「6.予診票の交付について」を御確認ください。

また、県外での予防接種を希望する場合は、「7.県外で予防接種を御希望の方へ」を御覧ください。

1.令和2年度の対象者

郡山市民で、次の(1)・(2)に該当する方。

(1)本年度内(令和3年3月31日まで)に、65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳になる方

(2)60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいを有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する方(心臓、腎臓又は呼吸器の疾患及びヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がいで身体障がい者手帳1級を所持する方又は医師の診断書により同程度の障がいをもっていると認められる方)

ただし、今までに「23価肺炎球菌ワクチン」の予防接種を受けたことがある方は対象とはなりません。 

2.期間

令和2年4月1日(水曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで

予防接種に伴う副反応に備え、日曜・祝日除く月曜日から土曜日の午後5時まで

予防接種を受ける際は、あらかじめ医療機関に電話で御確認の上、お出かけください。

3.費用

自己負担額:2,000円

自己負担額免除者

生活保護受給者:「郡山市生活支援課で発行する証明書」を御持参ください。

中国残留邦人等に対する支援給付受給者:「本人確認証」を御持参ください。

4.実施医療機関

5.持参するもの

「予診票(うぐいす色)」、「健康保険証」、健康手帳(持っている方)

自己負担金免除者の方は、証明書等(3.「費用」を御確認ください。)

6.予診票の交付について

対象者(1)の方には、名前や住所等が印字された「予診票(うぐいす色)」を郵送しています。

(令和2年3月31日発送)

対象者(2)に該当する方、郡山市外からの転入の場合及び予診票を紛失した場合は、予診票を発行しますので、保健所地域保健課まで御連絡ください。1週間から10日程度で予診票を郵送します。

※対象者(2)の方は、身体障がい者手帳の写し又は医師の診断書が必要です。詳しくはお問い合わせください。

「予診票」が届いた方のうち、郡山市外からの転入前や任意(全額自己負担)等で、すでに「23価肺炎球菌ワクチン」の予防接種を受けた方は、予診票は使用できません。

7.県外で予防接種を御希望の方へ

郡山市民の方は、県外で「高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種」を希望する場合、医療機関で接種料金の全額を負担した後に、市に払い戻しの請求をすることができます。

まずは、郡山市が発行した「予防接種依頼書」が必要です。

「予防接種依頼書」は、申請から10日程度で郵送しますので、お手元に「予防接種依頼書」が届いてから予防接種をお受けください。

依頼書の交付を受けずに接種した場合、接種料金の払戻しが受けられないほか、予防接種が原因で生じた健康被害に関する救済が受けられない場合があります。

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部保健所地域保健課

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1
電話番号:024-924-2163 ファックス番号:024-934-2960

更新日:2020年08月28日