特定不妊治療費助成事業について教えてください。

不妊治療のなかで、保険外診療である特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)は、1回の治療が高額で経済的負担が大きいことから、対照となる夫婦の負担を軽減するため、特定不妊治療の一部を助成します。
助成対象となるのは、体外受精、顕微授精のいずれかの治療を郡山市が指定している病院で受けた場合です。
法律上の夫婦であり、夫又は妻が市民であること、また、夫婦の合計所得額が730万円未満である方が対象となります。
詳しいことは、こども支援課(024-924-2525)にお問い合わせください。

提出書類

  • 郡山市特定不妊治療費助成事業申請書
  • 郡山市特定不妊治療費助成事業受診等証明書
  • 特定不妊治療費の領収書
  • 夫婦であることが確認できる書類(戸籍謄本)
  • 現住所を確認できる書類(世帯全員の住民票)
  • 夫及び妻の所得額を証明できる書類(所得証明書)

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部保健所地域保健課

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1
電話番号:024-924-2163 ファックス番号:024-934-2960

更新日:2019年03月01日