Vol.2 フラ・ティアレ

フラ・ティアレのみなさん

今回は夏にぴったりなフラダンスによる慰問演奏で笑顔を届けているフラ・ティアレのみなさんをご紹介します♪7月24日(火曜日)に下亀田紀行で行われた慰問演奏にお邪魔し、会長の中村 美和子さんにお話しを伺いました。

フラティアレ

インタビュー

活動のきっかけ

元々はフラダンスの習得を中心としたクラブでした。以前も結婚式場などで発表をする機会がありましたが、現在ほど発表の機会は多くありませんでした。そんな私たちが慰問活動を始めるようになったきっかけは7年前の東日本大震災でした。大震災直後はしばらくの間活動を休止していましたが、その後、施設から慰問演奏の依頼を受けたことをきっかけに、私たちが踊るフラダンスが少しでも誰かを励ますことができればと思い、慰問演奏に力を入れるようになりました。

 

フラティアレ
下亀田紀行での慰問演奏

どのような活動をしていますか?

その時期ごとの慰問演奏を目安に、月に4回の練習(そのうち先生のレッスンが2回)をしています。慰問演奏で発表するのは、名前のとおりフラダンスが中心ですが、それだけではなく、メンバーの特技(演歌や日本舞踊など)の披露も行っています。練習の雰囲気はわきあいあいとしていて和やかな雰囲気で活動しています。

 どんなときにやりがいを感じますか?

より演奏を楽しんでいただくために、座ったままでも踊りやすい振り付けを考えたり、手作りの小豆の楽器を渡して曲に合わせて鳴らしていただくなど、参加型で演奏を楽しんでもらえるような工夫をしています。自分たちの踊りに合わせて楽器を鳴らしてもらえたり、手を動かしてもらえたり、歌ってもらえると、フラダンスを見てくださる方といった一体になって一つの演奏ができている実感が湧き、やりがいを感じます。

フラティアレ

衣装チェンジ!ピンクの衣装がとっても華やかです♪

今後の抱負をお聞かせください

慰問演奏の回数が少ないので、今後機会を増やしていければと思います。大好きなフラダンスを通して少しでも多くの人を元気づけ、魅力を発信していきたいです。これから敬老会、文化祭などで発表の機会が増える時期になるので、ひとつひとつのステージで精一杯踊っていきたいです。

 

フラ・ティアレのみなさん、ご協力ありがとうございました!

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部健康長寿課

〒963-8601福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2401 ファックス番号:024-924-2300

更新日:2020年03月02日