下水道及び農業集落排水施設使用料の計算方法

排水設備工事が完了し、下水道や農業集落排水施設を使用しますと使用料がかかります。

この使用料は、下水管の修理・清掃費をはじめ、処理施設での汚水処理費(皆さんの家庭・工場・事業所から排出される汚水を処理し、きれいな水に還元するのにかかる費用)の一部に充てられます。

下水道及び農業集落排水施設使用料(2か月)

下水道使用料及び農業集落排水施設使用料は下記のとおりです。

なお、消費税率の改定に伴い、下記のとおり下水道使用料及び農業集落排水施設使用料が改定になります。

新使用料(消費税10パーセント計算)

基本使用料(2か月分)
20立方メートルまで 2,612円

超過使用料(2か月分)

汚水の種類 汚水量 1立方メートルにつき
一般汚水 21~40立方メートル 176円
41~100立方メートル 203円
101~200立方メートル 230円
201~400立方メートル 263円
401~1,000立方メートル 291円
1,001立方メートル~ 318円

(消費税等を含む)

※令和元年12月分からは新使用料での計算になります。

※水道検針日から次回検針日までの途中で下水道等新規接続、水道の利用開始・中止した場合の使用料は、15日単位で計算します。15日以内の場合は基本使用料が4分の1、超過使用料の汚水量の範囲が4分の1になります。(例:15日以内の場合 基本使用料 5立方メートルまでが653円、超過使用料 6~10立方メートルまでが1立方メートルにつき176円、11~25立方メートルまでが1立方メートルにつき203円)

 

旧使用料(消費税8パーセント計算)

基本使用料(2か月分)
20立方メートルまで 2,566円

超過使用料(2か月分)
汚水の種類 汚水量 1立方メートルにつき
一般汚水 21~40立方メートル 173円
41~100立方メートル 200円
101~200立方メートル 226円
201~400立方メートル 259円
401~1,000立方メートル 286円
1,001立方メートル~ 313円

(消費税等を含む)

汚水量の算定について

(1)水道水を使用している場合

水道の使用水量が汚水量となります。

なお、水道料金については水道料金の計算方法をご覧ください。

(2)水道水以外の水(地下水など)を使用している場合

  • 一般家庭の場合
    1世帯2人までは、2か月あたり20立方メートルとし、1人増えるごとに8立方メートルを加算して算出した水量を、2か月当たりの汚水量とします。水道水と併用している場合は、1世帯2人までは、2か月10立方メートルとし、1人増えるごとに4立方メートル加算となります。なお、計量器を設置している場合は、計量した水量を汚水量とします。
  • その他の場合
    ご使用の状況に応じて市が汚水量を認定します。

(3)水道水と水道水以外の水(地下水など)を併用している場合

両方の汚水量を合算します。

使用料の計算方法(新使用料)

(例)水道使用量が2か月で43立方メートルの場合

基本使用料 20立方メートルまで 2,612円…[1]

超過使用料 21立方メートルから40立方メートルまで
20立方メートル×176円=3,520円…[2]

41立方メートルから43立方メートルまで
3立方メートル×203円=609円…[3]

使用料[1]+[2]+[3]=6,741円

水道水以外の水を使用している方へのお願い

水道水以外の水を下水道や農業集落排水施設へ排出する場合は届出が必要です。まだ届出をされていない方は、お客様サービス課までご連絡をお願いいたします。

なお、すでに届出が済んでいる方も次のようなときは、お客様サービス課までご連絡をお願いいたします。

  • 家族の人数が変更になったとき
  • 転居したとき
  • 水道水以外の水の使用を止めたとき
  • 水道水と併用していたが、水道水の使用を止めたとき
  • 水道水以外の水のみの使用から、水道水と併用へ変更になったとき
  • その他汚水量の算定に関係する変更が生じたとき

汚水量の減量について

製氷業やその他の営業で、その営業に伴い使用する水の量が、実際に下水道や農業集落排水施設に排出する汚水量と著しく異なる場合は、使用実態に応じて汚水量を減量する制度があります。詳しくは、お客様サービス課までご相談ください。

ダウンロード

下水道及び農業集落排水施設使用料2か月分早見表

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

上下水道局お客様サービス課

〒963-8016 福島県郡山市豊田町1-4
電話番号:024-932-7666 ファックス番号:024-939-5821

更新日:2019年10月11日