こおりやま保育士応援一時金

郡山市内の民間認可保育施設へ新たに就職し、一定期間継続して勤務する保育士に一時金を支給します。

一時金の額

一人あたり100,000円

支給対象者

市内民間認可保育施設に新規に雇用される保育士

対象となる保育士の要件

  1. 各年度各募集ごとに指定された期間内に、市内民間認可保育施設に新規に雇用される保育士であること。(雇用主が設置する市外の保育施設から異動する場合は対象外)
  2. 1年以上継続して就労する見込みであること。
  3. 就労時間が1日につき6時間以上かつ1月につき20日以上であること。
  4. 雇用日以前1年以内に市内のほかの認可保育施設(公立保育所を含む)に保育士として就労したことがないこと。
  5. 過去にこの一時金の支給を受けたことがないこと。

募集状況

令和3年度2期の募集を令和3年5月1日から開始しました。現在募集中です。

【New!】令和4年度1期の募集を、令和3年10月1日に開始します。

対象者

令和3年度2期

郡山市内の民間認可保育施設で、令和4年3月までに新規に就労を開始する予定の保育士

令和4年度1期

郡山市内の民間認可保育施設で、令和4年4月中に新規に就労を開始する予定の保育士

令和4年3月に学校等を卒業する予定の方も対象となります。

応募方法

以下の内容で電子メールを送付。

<タイトル>
こおりやま保育士応援一時金応募(令和〇年度〇期)←どの募集に対する応募か記載

<記載事項>
氏名、フリガナ、生年月日、住所、日中に連絡のとれる電話番号、保育士としての就労経歴(施設名称と就労期間)、新卒者は令和4年3月に卒業予定の学校名など

<宛先>
hoiku-kanri@city.koriyama.lg.jp(保育課保育所管理係)

  • 就労先が決定する前に応募できます。
  • 予算を超える応募があった場合には先着順となります。
  • 2日(土・日・祝日を除く)を経過しても返信がない場合は電話でお問い合わせください。
  • 応募から3か月以内(令和4年度1期は令和4年4月末日まで)に申請書の提出がない場合には応募はキャンセルされます。

応募から支給までの流れ

1.募集開始日以降、電子メールにより保育士本人が応募

2.保育課から登録状況を応募者へ連絡

先着順で応募者を対象者として登録し、予算の範囲を超えた応募があった場合は、補欠者として登録します。
登録の状況について、原則として応募の電子メールに返信する形でご連絡します。

以下は対象者となった場合のその後の流れです。

3.就労開始日から2週間以内に支給申請

郵送または持参により申請してください。

<提出書類>
こおりやま保育士応援一時金支給申請書(1号様式)
誓約書兼雇用証明書(2号様式)
雇用契約書等就労条件を確認できる書類の写し
保育士証の写し(新卒者は「保育士登録済通知書」の写し)
口座番号・カナ名が確認できる通帳の写し

なお、2期応募者については応募の日から3か月を経過しても申請がなされなかった場合は、応募がキャンセルされたものとして取り扱います。
その場合、補欠者として登録されている者がいる場合は、登録の早い者から順に対象者として改めて登録し、その旨をご連絡します。

4.保育課で申請内容の審査

提出された書類を審査し、支給または不支給の決定をします。

以下は支給が決定された場合のその後の流れです。

5.保育課から本人及び就労施設に支給決定通知

6.一時金の支給

支給決定から30日以内に、申請者本人の口座に全額を振り込みます。

注意事項

以下の場合は支給決定を取り消し、すでに一時金が支給されている場合には、期間を定めてその全部の返還を命じます。

  1. 虚偽の申請その他不正行為があった場合
  2. 就労を開始した日から1年以内に退職した場合
  3. その他市長が支給することを不適当と認めた場合

様式等

この記事に関するお問い合わせ先

こども部保育課

〒963-8601福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-3541 ファックス番号:024-924-3802

更新日:2021年04月01日