こども医療費助成制度

18歳までのこどもの医療費を助成します。

対象となる方

郡山市に住民登録があり、健康保険に加入している、18歳に達する年度の末日までのこども。

(生活保護法の適用を受けている方を除く。)

助成を受けるには登録手続きが必要です。

助成の範囲

・保険診療の一部負担金 (保険証を提示して受診した際に病院で払う2割・3割部分)

・入院時食事療養費の標準負担額(入院時の食事代)

保険適用外のものは助成対象外です。

(例)健康診断、予防接種、選定医療、薬の容器代、診断書や紹介状などの文書料、入院時の差額ベッド代、など。

登録手続き

こども支援課給付係(ニコニコこども館2階)、各行政センター又は連絡所に次のものをお持ちいただき、こども医療費受給資格者証の交付を受けてください。

出生届、転入届等の届出と同日の申請に限り、市民課又は市民サービスセンターでも手続きできます。ただし、受給資格者証は後日郵送になります。

必要書類

1. こどもの健康保険証

2. 保険の扶養者名義の預金通帳又はキャッシュカード(貯蓄預金を除く。)

3. 印鑑(スタンプ印を除く。)

4. 保険の扶養者の所得金額、課税状況等の確認のため、次のア~エのいずれか。

    ただし、保険の扶養者の現在の住民登録が市内の場合は省略できます。

    ア  保険の扶養者の「マイナンバー(個人番号)確認書類」及び「窓口に来る方の本人確認書類」

       【マイナンバー確認書類】

          個人番号カード、個人番号通知カード、個人番号が記載された住民票の写しなど

      【窓口に来る方の本人確認書類】

          顔写真入り証明書1点:個人番号カード、運転免許証、パスポートなど
            又は
          顔写真無し証明書2点:健康保険証、通帳、キャッシュカードなど

    イ  所得課税証明書

    ウ  「市民税・県民税特別徴収税額の通知書」の写し(住民税が給与天引きの方)

    エ  「市民税・県民税納税通知書の課税明細書」の写し(住民税を個人で納めている方)

 

注意事項

・イ~エの場合、申請月によって必要な書類の年度が異なりますので、詳しくは御問合せください。

・源泉徴収票は課税状況が確認できないため不可。

出生時の事前申請の御案内~保険証がまだできていない場合~

出生届の手続きの際に登録申請書を記入いただければ、こどもの保険証のコピーを郵送いただき次第、受給資格者証を自宅に郵送します。

・保険証を窓口に持ってきていただければ、即日発行も可能です。

・転入や保険証変更による手続きの際は事前申請できません。必ず保険証を持参して手続きしてください。

受診の仕方

社会保険に加入の方(全国健康保険協会、健康保険組合、共済組合、国民健康保険組合など)

 

現物給付(窓口負担無し)

償還払い(窓口負担あり)

対象

市内の医療機関で受診し、保険診療の一部負担金が1医療機関等で1か月21,000円未満の場合

・保険診療の一部負担金が1医療機関等で1か月21,000円以上の場合

・市外の医療機関等で受診した場合

・受給資格者証を提示しなかった場合

・現物給付を実施していない医療機関等で受診した場合

・補装具、治療用めがねを作った場合

助成方法

医療機関等で「保険証」と「こども医療費受給資格者証」を毎回提示すると窓口負担がありません。

医療機関等で一旦全額をお支払いただき、受診した翌月以降に、医療機関の証明を受けた「こども医療費助成申請書」を市に提出してください。

詳しくはこちらのページを参照ください。

 

【注意事項】

・保険証を使わずに受診した場合、先に医療機関や健康保険への手続きが必要です。
詳しくは次のチラシを参照ください。

保険証を提示せずに医療費を10割支払った場合の払い戻し(PDF:223.1KB)

・補装具、治療用めがねを作った場合、先に健康保険への手続きが必要です。
詳しくは次のチラシを参照ください。

補装具、治療用めがねの購入費の払い戻し(PDF:223.1KB)

郡山市国民健康保険に加入の方

 

現物給付(窓口負担無し)

償還払い(窓口負担あり)

対象

県内の医療機関等で受診した場合

入院時の食事代

県外の医療機関等で受診した場合

助成方法

医療機関等で「保険証」を提示すると窓口負担がありません。

・こども支援課給付係(ニコニコこども館2階)、各行政センター又は各連絡所に「こども医療費助成申請書」を提出してください。

・市内の医療機関の場合、「こども医療費受給資格者証」を提示すると窓口負担が無い場合があります。

・国民健康保険課、各行政センター又は各連絡所で申請してください。

 

 

 手続きが必要な場合

次のようなときは、こども支援課給付係(ニコニコこども館2階)、各行政センター又は各連絡所で手続きしてください。

手続きが必要な場合

こんなときは 必要なもの
加入保険が変わったとき こどもの保険証
保険の扶養者が変わったとき

新しい保険の扶養者の方の登録手続きが必要です。

上記「登録手続き」を参照ください。

振込金融機関を変更したいとき 保険の扶養者名義の預金通帳又はキャッシュカード(貯蓄預金を除く。)
住所や氏名が変わったとき こども医療費受給資格者証
受給資格者証を紛失したとき

こどもの保険証

(保険証も紛失した場合、保険証ができてから手続きしてください。)

市外へ転出するとき こども医療費受給資格者証を回収します。

申請書類

こども医療費受給資格等変更届(PDF:90.1KB)    記入例(PDF:199.5KB)

こども医療費受給資格者証再交付申請書(PDF:72KB)   記入例(PDF:146.7KB)

【注意事項】

・郵送やメールでの申請はできません。こども支援課給付係(ニコニコこども館2階)、各行政センター又は各連絡所へ御提出ください。

・用紙サイズは「A4」です。

関連リンク

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

こども部こども支援課給付係

〒963-8025 福島県郡山市桑野一丁目2-3こども総合支援センター(ニコニコこども館)
電話番号:024-924-2411 ファックス番号:024-933-6665

更新日:2019年09月03日