郡山市の(仮称)成人のつどいは引き続き20歳を対象とします。

成年年齢を20歳から18歳に引き下げる「民法の一部を改正する法律」が令和4年4月に施行されます。

成人式は法律上の定めがないため本市では、郡山市ネットモニター、社会教育委員の会議、成人式企画委員など各界各層の市民の皆さまのご意見や国等の各種アンケート結果を踏まえ、これまで同様、年度内に20歳を迎える方を対象といたします。なお、式典の名称は令和5年の式典開催までに公表します。

対象者を20歳とする主な理由

・(仮称)成人のつどいは「大人になったこと自覚」し、自らの力で生き抜こうとする皆様をお祝いするを目的としており、進学や就職などで一定の社会経験を経た後の方が「大人としての自覚」が芽生えやすいと考えられるため。

・民法では成年年齢は18歳になるが、他の法律(未成年者飲酒禁止法、少年法、国民年金法など)では引き続き20歳が対象年齢であり「大人としての自覚」を促す機会になるため。

・18歳は受験や就職準備で時間的にも金銭的にも大変な時期であり、その時期に成人式を行うことは本人や家族に更なる負担をかけることになるため。

など

開催時期

1月(成人の日の前日の日曜日)

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会教育総務部生涯学習課

〒963-8601福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2441 ファックス番号:024-935-7834

更新日:2021年08月04日