大塚製薬株式会社と包括連携協定を締結しました

2020年4月10日、相互の資源を有効に活用した協働活動の推進により、持続可能な地域社会の形成、健康増進、気候変動への対応に寄与することを目的に、大塚製薬株式会社と包括連携協定を締結しました。

この協定を契機に、SDGsの取組達成をはじめ、食を通じた健康づくりや災害時の対応、スポーツを通じた健康づくり等様々な分野において相互の資源を有効に活用し、取組をより一層推進してまいります。

なお、式は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、3つの密(密閉、密集、密接)を避け、十分な換気、十分な距離を確保し、消毒を徹底して実施しました。

<SDGs(SustainableDevelopmentGoals)とは>
2015年9月の国連サミットで採択された先進国を含む国際社会全体の17の持続可能な開発目標です。

協定写真
otsuka_koriyama_3

連携事項

  1. SDGsの取組達成に関すること
  2. 食を通じた健康づくりに関すること
  3. 災害時の対応に関すること
  4. スポーツを通じた健康づくりに関すること
  5. 熱中症予防に関すること
  6. その他両者が必要と合意した事項に関すること

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

政策開発部政策開発課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2021 ファックス番号:024-924-2822

更新日:2020年04月10日