佐藤哲也さん(郡山市在住)

satoutetuya

職業:一般社団法人ブルーバード代表理事(Helvetica Design株式会社 代表)
出身:福島県須賀川市
趣味:長風呂
 

2019年2月、築45年の4階建てビルをフルリノベーションし、人が集まる新しいまちづくり拠点として「Blue Bird apartment.」がオープンしました。
「単純にビルに部屋があるからアパートという訳ではなく、ビル内が昔の団地の様に、人のエネルギーに満ち溢れ、活気が漲るようになれば良いなぁと思いからアパートメントと名付けました。入居する方々が作り出す創造性や遊び心から、また新しいコミュニティが生まれたり、それが仕事に派生したりと、ここが一つの社会になっているような場所にしたかった」という代表の佐藤さん。

04satoutetuya

「Blue Bird apartment.」は1階がブックカフェ、2階が自身のデザイン事務所、3階がクリエーターに貸し出すスモールオフィス、4階がSnowPeakとコラボした多目的スペースとなっています。

08satoutetuya

現在は、東京と福島の2拠点で活動している佐藤さん。「僕は、東京も福島も関係ないと思っています。単純に活動するフィールドが広がっているだけという感覚です。もちろん福島で生まれなので福島は必要な活動の場所になっていますが、一日のスタートを切る場所が郡山か東京かというだけです」とのこと。

なぜ、郡山に拠点を作ったのかを訪ねると「福島の人に多いと思うのですが、僕は福島県出身だとスッキリ言えない、もやっとした感じがあったように思います。(今は特に無いかと思いますが、昔はそんな感じでした)東京では、差別化や新規性を求めて他者との違いをどう作るかだけを求めやってきた。

03satoutetuya

そんなとき、これから開拓すべき場所というか、まだ開かれていない場所で新しいことをするならとどこだろうと考えたときに、福島に戻ることを決めました。」とのこと。

地域の方との繋がりについて「やりたいこと、目指すべきことのビジョンをちゃんともって、地元の書店さんやパン屋さんに相談すると、「じゃあ一緒にやろうよ」となる。これまでに培ってきた人との繋がりみたいなものを、世の中の為にどう活かして、どう人の役に立てられるか、という気持ちがお互いの突破口になる。」と話す。

02satoutetuya

最後に移住を考えている方へのメッセージ。「ブルーバードはいろいろなものが集まっているのでチャレンジの場所です。それをブルーバード独自のスタイルに変えていくことにクリエイティブがあると思います。
少しずつですが、地域の人たちとみんなで何かをやっていきたい。開拓していきたいと考えています。まちづくりは、これで完成!という成果が見えるものではないですが、徐々に明確にしていけると良いですね。」

09ssatoutetuya

これから早朝散歩のおじいちゃんや夕方にママ達も気軽に立ち寄れる場所にしていきたいという佐藤さん。地域の人たちが「自分たちにも何かできるかも?」という空気を感じながら、自分が住む町をみんなで楽しくしていきたいですね!

※2019年1月取材

05satoutetuya
s06satoutetuya
07satoutetuya
10satou

この記事に関するお問い合わせ先

政策開発部政策開発課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2021 ファックス番号:024-924-2822

更新日:2020年09月04日