障害年金の請求をしたいのですが、どうしたらいいですか?

障害年金を請求する上で初診日というものが重要です。それによって手続きが異なります。
初診日とは、障害の原因となった病気や怪我について初めて医師の診療を受けた日となっています。
障害年金を請求していただける方は、初診日自体が65歳までにあり、初診日の時点で一定期間保険料を納めている必要があります。
請求できるかどうかの相談、請求の窓口についても初診日時点でどの年金に加入されていたかによって異なってきます。
初診日が、第1号被保険者・20歳前(生まれつきなど)の場合は、受付は国民健康保険課になります。
初診日が、第2号被保険者・第3号被保険者の場合は、受付は郡山年金事務所になります。
初診日が共済組合加入の場合は、受付は共済組合になります。
 

(注意)請求者本人以外の方が代理で相談する場合は、委任状が必要となります。

(注意)年金事務所での年金相談の際は、事前に予約が必要です。(予約専用電話番号0570-05-4890)

この記事に関するお問い合わせ先

市民部国民健康保険課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2141 ファックス番号:024-938-2880

更新日:2019年04月22日