学生なので国民年金の保険料を払えないのですが、何か制度はありますか?

学生納付特例制度は、学生である国民年金加入者(第1号)の方について、申請して承認を受けることにより、4月からその年度末までの保険料の納付を猶予し、社会人になってから保険料を後払いできるようにするものです。
申請は毎年必要です。(一度申請し承認されると、在学期間中は毎年年金事務所から届く申請ハガキに必要事項を記入の上、返送するだけで申請ができます。申請ハガキが届かない場合は、市役所で申請するか年金事務所へお問い合わせください。)

対象者

本人の所得が118万円以下の学生である国民年金加入者。(その他扶養親族の要件あり)
学生とは、大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校および各種学校などです。

申請に必要なもの

次のものをお持ちになり、国民健康保険課または行政センターもしくは年金事務所で申請してください。

  • 学生証の写しまたは在学証明書
  • 印鑑
  • 年金手帳(基礎年金番号のわかるもの)
  • マイナンバー通知書又はカード
  • 学生本人に前年の所得がある場合は「所得証明書」
  • 失業による申請の場合は「雇用保険受給資格者証」または「雇用保険被保険者離職票」の写しなど失業したことを確認できる公的機関の証明

(注意)本人様がお越しになれない場合、同じご住所のご家族の方であれば委任状は不要です。代理でお越しになる方の身分を証明するもの(運転免許証、健康保険証等)をお持ちください。

学生納付特例期間の取り扱い(申請が承認された場合)

  • 保険料を納付する必要はありませんが、卒業して社会人になってから納められるよう、学生納付特例期間の各月から10年間は保険料を追納(さかのぼって納付)することができます。
    追納する保険料の額は、特例期間から3年を過ぎると当時の保険料の額に政令で定める一定の率をかけた金額になります。
    追納を希望する場合は、年金事務所へ連絡してください。
  • 学生納付特例期間は、年金の受給資格期間には算入されますが、保険料が追納されない場合は老齢基礎年金の額の計算には反映されません。

申請できる期間

  • 学生納付特例制度での「年度」は4月から翌年3月までです。
  • 平成31年度分は平成31年4月になってから申請できます。
  • 過去の期間については、申請日より2年1ヶ月前までさかのぼって申請することができます。

注意事項

郡山市で受付することができるのは、郡山市に住民票がある方のみです。

他の市町村の大学にいるお子さんで、住民票を郡山市から移している方については、お子さんの住民票がある市区町村で申請をすることになります。

詳細については、当該市区町村にご確認ください。

郡山年金事務所024-932-3434

この記事に関するお問い合わせ先

市民部国民健康保険課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2141 ファックス番号:024-938-2880

更新日:2019年04月22日