国民健康被保険者証による医療費の自己負担割合を教えてください。

病気やケガ、歯の治療などで病院にかかるときは、被保険者証(70歳~74歳の方は高齢受給者証も一緒に)を病院などの窓口に必ず提示してください。かかった医療費の一部を自己負担することで、診療を受けることができます。

自己負担割合

70歳に達した月の翌月から74歳まで

現役並み所得者は3割。現役並み所得所を除く方で、平成26年4月1日以前に70歳に達した方は1割、平成26年4月2日以降に70歳に達する方は2割

18歳に達する年度の末日まで

0割

19歳に達する年度の初日から70歳に達した月まで

3割

妊娠8か月以上となる月から出産した月までの間で妊娠高血圧症候群、妊娠時出血、胎児及び附属物の異常又は異常分娩(帝王切開含む)に限る

0割

この記事に関するお問い合わせ先

市民部国民健康保険課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2141 ファックス番号:024-938-2880

更新日:2019年04月27日