国民健康保険の出産育児一時金直接支払制度はどんな制度ですか。又利用するにはどうしたらいいですか。

直接支払制度とは、保険者が医療機関に直接出産育児一時金を支払う制度です。この制度を利用することにより、医療機関に支払う出産費用が出産育児一時金の額を上限として減額されます。

直接支払制度の利用方法

  • 出産予定の医療機関が直接支払い制度に対応しているかを確認し、対応しているのであれば医療機関に被保険者証を提示し、直接支払制度を利用したい旨を伝えてください。
  • 出産する医療機関と、出産育児一時金の申請・受取に関する代理契約を結んでください。
  1. 出産費用が出産育児一時金額を上回る場合、その差額分は退院時に医療機関などにお支払いください。
  2. 出産費用が出産育児一時金支給金額を下回る場合は、その差額分を郡山市国保に請求することができます。

差額の申請に必要なもの

  • 被保険者証
  • 世帯主の印鑑(朱肉を使用するもので認印可)
  • 世帯主名義の預金通帳
  • 直接支払制度を利用していることが明記された、出産費用の領収書又は明細書等

この記事に関するお問い合わせ先

市民部国民健康保険課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2582 ファックス番号:024-938-2880

更新日:2019年03月01日