クーリング・オフ制度

クーリング・オフ制度とは、契約自由平等の原則が守られないおそれのある取引(たとえば、突然訪問してきたセールスマンの巧妙な勧誘に引き込まれ、契約の即断を迫られてよく考えることもできずに契約をした等)。について、冷静に考える期間を与えて、契約締結したり契約申込みをした後でも、一定の期間内であれば消費者から一方的に無条件で契約の申込みの撤回ができる制度です。

クーリング・オフのしかた

契約書面を受け取った日を含めて次の期間内に書面で通知します。

  • 訪問販売 8日間
  • 電話勧誘販売 8日間
  • 特定継続的役務提供 8日間
    (エステ・語学教室・学習塾・家庭教師、パソコン教室、結婚相手紹介サービス)
  • 連鎖販売取引(マルチ商法) 20日間
  • 業務提供誘引販売取引 20日間
    (内職・モニター商法等)
  • 訪問購入 8日間
    (業者が消費者の自宅等を訪ねて、商品の買い取りを行うもの)

書面の書き方など

クーリング・オフ書式(おもて側)の画像

クーリング・オフする際の記載例です。

クーリング・オフ書式(うら側)の画像

記載もれのないように、注意して書いてみましょう。

「訪問購入」の契約解除通知書面については、消費生活センターまでお問い合わせください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民部セーフコミュニティ課消費生活センター

郡山市朝日一丁目23番7号 郡山市役所西庁舎3階セーフコミュニティ課内
電話番号:024-921-0333 ファックス番号:024-921-1340

更新日:2019年03月05日