外国人住民の方も住民票が作成されるようになりました

住民基本台帳法改正(平成24年7月9日施行)

平成24年7月9日に施行され、外国人住民の方も住民票が作成されるようになりました。

同時に、外国人登録法は廃止になりました。

法改正により変わる主な内容は?

日本人と外国人の混合世帯でも、世帯全員が記載された住民票の写しなどが発行できるようになります。

住所変更の届出で、国民健康保険などの届出もされたとみなされます。

在留資格の変更は、出入国在留管理局への届出で済むことになります。

対象となるのは?

郡山市内に住所があり、次のいずれかに該当する方です。

  1. 特別永住者の方
  2. 中長期在留者の方
  3. 一時庇護許可者または仮滞在許可者の方
  4. 出生または国籍喪失による経過滞在者の方

観光などの短期滞在者の方などは除かれます。

外国人登録証はどうなるの?

特別永住者の方には「特別永住者証明書」、中長期在留者の方には「在留カード」が、外国人登録証のかわりに交付されることになりました。

詳しく知りたい場合は?

住民基本台帳法の改正について(総務省)

総務省コールセンター(8時30分から17時30分まで)
電話:0570-066-630
ウェブサイト:外国人住民に係る住民基本台帳制度(外部サイトへリンク)

外国人登録法の廃止について(出入国在留管理庁)

外国人在留総合インフォメーションセンター(8時30分から17時15分まで)
電話:0570-013904
ウェブサイト:入管法が変わります!-新たな在留管理制度-(外部サイトへリンク)

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

市民部市民課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:マイナンバーカードに関すること(マイナンバーカードセンター) 024ー955-6221
     その他のこと 024-924-2131
ファックス番号:024-924-2971

更新日:2021年12月15日