「こおりやま☆カイゼン運動」への取組み

郡山市では、更なる行政の効率化及び市民サービスの質的向上を目指し、市役所の問題解決能力の向上を図るため、職員が自ら取り組むカイゼンを推進する全庁的な業務カイゼン運動を2014年度から実施しています。

「こおりやま☆カイゼン運動」の概要

スマイル(Smile)」・「スマート(Smart」・「スピーディ(Speedy」の3つの「S」を合言葉に、高品質な仕事を目指して、全職員がカイゼンに取り組むことを推進する運動です。カイゼンを継続することにより、職員一人ひとりと市役所の問題解決能力を向上します。3つの「S」の言葉の意味は以下のとおりです。

「スマイル」市民の笑顔(=満足度向上)と職員の笑顔(=意識向上)が輝く充実した質の高い行政サービスを目指します。
「スマート」仕事を見直し、ムリ・ムダ・ムラの解消を図ります。
「スピーディ」より仕事を速く処理する工夫をします。

「こおりやま☆カイゼン運動」の推進方法

「こおりやま☆カイゼン運動」の推進方法のポイントは次の4点です。

チームで協力してカイゼン

係、課、自主的研究会などをカイゼンするチーム単位とします。
チームの構成員一人ひとりが、問題に向き合い、知恵を出し合い、チーム一丸でカイゼンを実践します。

カイゼンの見える化・共有化

カイゼンを実践したら、「簡単電子申請」で行政マネジメント課へ報告し、庁内に公開して共有化します。

いいカイゼンを他所属でも取り入れて実施します。

公開されたカイゼン事例のうち、「いいカイゼン」を他所属でも取り入れていきます。カイゼン効果が広がります。

チームの健闘を褒め称えます

youtubeのQRコード

5S(整理・整頓・清掃・清潔・習慣)の推進

5Sとは、職場環境カイゼンの際に用いられるスローガンで、各職場において徹底されるべき事項の頭文字が「S」であることに由来します。
日頃から、「整理」「整頓」「清掃」を心掛け、職場環境の「清潔」を維持し、それを「習慣」づけることにより、快適な職場環境の形成や、庁舎内や執務室内の新たなスペースを確保するなどのメリットがあるものです。
また、5Sを推進するため毎週水曜日を「5S推進day」とし、職場環境の整備に努めています。

郡山市業務カイゼン提案

「こおりやま☆カイゼン運動」の実効性を高め、専門的かつ客観的な視点が必要との考えのもと、2015年1月に本市業務と関わりのある6団体の資格者団体へカイゼン提案を依頼し、4団体から11件の提案をいただきました。
提案があった資格者団体及び提案及び検討結果は以下のとおりです。

提案があった資格者団体

  • 福島県行政書士会郡山支部
  • 福島県司法書士会郡山支部
  • 東北税理士会郡山支部
  • 福島県土地家屋調査士会郡山支部
提案及び検討結果の概要
NO. 提案 検討結果
1 公有財産(土地)の用途廃止、売払申請に係る隣接地権者の同意書について 提案を受けて実施する。
2 公有財産(土地)の売払申請に係る隣接地権者の印鑑証明書等添付の省略について 提案を受けて実施する。
3 償却資産に係る申告書用紙の送付方法の変更について 提案を受けて実施する。
4 市職員への「行政手続法」の周知徹底について 実施している。
5 公共用財産(道路)境界立会い申請手続きの業務時間内の受付体制の整備について 実施している。
6 区画整理地区内の適法な農地転用届けの際の上申書添付不要について 実施している。
7 個人名義となっている市道敷への対応について 対象を確認した時点で実施
8 固定資産評価証明書の職権による取得について 対応が難しい。
9 農振除外(重要変更)の申請書の変更について 対応が難しい。
10 1ヘクタール未満の開発行為における事前説明会の開催について 対応が難しい。
11 商業法人登記所の増庁について 他行政機関に関する内容

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

総務部行政マネジメント課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-3431 ファックス番号:024-924-0956

更新日:2019年03月01日