令和3年度市県民税の申告について

令和3年度市県民税の申告について

前年の申告実績等により市県民税の申告が必要と思われる方に、「令和3年度市県民税申告の御案内」ハガキまたは「令和3年度市県民税申告書(簡易申告用)」を1月下旬に送付します。最寄りの申告会場または都合の良い会場で申告してください。

なお、「令和3年度市県民税申告の御案内」ハガキにてお呼びしている方の申告書は会場で作成します。

また、マイナンバー制度の導入に伴い、個人番号及び身元確認が必要になります。詳しくは下記の「申告に必要なもの」をご覧ください。

申告にお越しいただくにあたり、平日の都合がつかない方は3月14日(日曜日)に郡山市役所正庁(本庁舎2階)にて申告受付をします。

新型コロナウイルス感染防止のため、お越しの際はマスクの着用をお願いします。
体調のすぐれない方は、体調がよくなってから申告をお願いします。

 

令和3年度市県民税申告受付について

申告期間

令和3年2月4日(木曜日)から3月15日(月曜日)まで

(注)3月14日(日曜日)以外の土曜・日曜・祝日を除く。

申告会場

市内33会場及び3月8日(月曜日)から3月15日(月曜日)までは郡山市役所正庁(本庁舎2階)

なお、詳細については次の日程表または広報こおりやま2月号をご覧ください。

(注)3月16日以降は、市役所西庁舎2階市民税課にて9時00分から16時00分(12時00分から13時00分までは除く)まで受け付けます。 

住民税額シミュレーションシステムを使った住民税の試算および申告書の作成

令和3年1月から、パソコン・スマートフォンを使って令和2年中の収入や控除等の状況を入力することで、ご自身の令和3年度市民税・県民税を試算し、申告書を作成することができます。
作成した市県民税申告書は印刷し、個人番号(マイナンバー)を記入して、源泉徴収票や収支内訳書、控除金額を証明する書類等、必要書類と合わせて市民税課へ提出(郵送または持参)することで、申告をすることができます。(電子メール等による提出はできません。)

 

令和3年度から適用される市県民税の主な変更点

ふるさと納税制度と住宅借入金等特別税額控除について

セルフメディケーション税制と医療費控除について

申告に必要なもの

        国税庁ホームページで公開されているものです。市県民税の申告にも準用してください。

        国税庁ホームページで公開されているものです。市県民税の申告にも準用してください。

収入があった方

        【ご注意】

  • 会場での申告は混雑する場合があります。申告書は郵送でも提出ができますので、ぜひご活用ください。
  • 申告書を提出される際には、収入及び控除等の内容がわかる証明書等の確認が必要になりますのでご持参ください。特に控除・経費について、証明書等の確認ができない場合、申告書に金額を計上できませんので忘れずにご持参ください

収入のない方、家屋敷課税の方

所得税の精算が必要な方

所得税の精算が必要な方は確定申告書の提出が必要です。

申告期間

令和3年2月1日(月曜日)から3月15日(月曜日)まで(土曜・日曜を除く)

 

申告会場

南東北総合卸センター(喜久田町卸一丁目1番地1)

(注)詳細については、郡山税務署(電話番号:932-2041)までお問い合わせください。

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

税務部市民税課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2081 ファックス番号:024-935-5320

更新日:2021年01月04日