水道料金の減免

1支援の種類

減免

2支援の内容

減免対象となる使用月分

奇数月検針の方:令和元年10・11月分

偶数月検針の方:令和元年9・10月分と11・12月分の使用水量を比較して多い方の水量

減免の基準

一般住宅等

「り災証明書」の判定が「一部損壊」の場合は、以下の基準により算定し、最も多い水量を減免します。

(1)対象となる使用月分の使用水量と前年同期の使用水量を比較した増分と、(4)を比較し多い水量

(2)対象となる使用月分の使用水量と前3回分の平均使用水量を比較した増分と、(4)を比較し多い水量

(3)(1)(2)で比較できない方については、2週間程度の使用実績を基に算定した使用水量と比較した増分と(4)を比較し多い水量

(4)4立方メートル(4立方メートル:洗浄作業の水道使用時間を基に試算)

ただし、いずれの場合も対象となる使用月分の使用水量が4立方メートル未満の場合は使用水量を上限とします。

 

また、「り災証明書」の判定が「半壊」以上の場合は、減免対象となる使用月分のうち、被災した月の水道料金を全額免除します。

事業所等

「り災証明書」が発行された場合、減免対象となる使用月分のうち、被災した月の水道料金を全額免除します。

3活用できる方

被災された水道使用者

4必要書類、手続き等

「り災証明書」の写しに「水道等減免」と表示し、以下の事項を記載の上、提出してください。

・申請に来られた方の氏名、電話番号

・お客様番号(分かる場合)

※検針票や納付書をお持ちの方はご持参ください。

5提出先

総合相談窓口(市役所本庁舎2階正庁 電話番号 0800-800-5333)

お客様サービスセンター(上下水道局1階 電話番号 024-932-7641)

6お問い合わせ先

総合相談窓口(市役所本庁舎2階正庁 電話番号 0800-800-5333)

お客様サービスセンター(上下水道局1階 電話番号 024-932-7641)

更新日:2019年11月06日