【令和元年台風第19号の被災者の皆様へ】国民健康保険に加入している方の一部負担金等の取り扱いについて

令和元年台風第19号に伴う災害の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

【国民健康保険被保険者証について】(令和2年4月1日から)


令和2年4月1日から、医療機関等を受診する場合は、通常どおり被保険者証の提示が必要になります。このため、被保険者証の紛失等をした場合は、速やかに再交付の手続きを行ってください。

 

【一部負担金等免除証明書の交付について】

令和2年4月1日からは、医療機関等を受診し窓口一部負担金等の支払い免除を受ける場合は、一部負担金等免除証明書の提示が必要となります。

1.り災証明書の交付を受けた方のうち、免除要件に当てはまる方については、市から免除証明書を順次送付します。(資格証明書の方及び郡山市以外のり災証明をお持ちの方は除く)

 

2.1で送付を受けていいない方については、市窓口での申請により、免除要件に該当する場合、免除証明書を交付します。(証明書は審査後に郵送いたします)

 

3.免除の要件

a.住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方

※床下浸水は対象外

b.主たる生計維持者が死亡し又は重篤な疾病を負われた方

c.主たる生計維持者の行方が不明である方

d.主たる生計維持者が事業を廃止し、又は休止された方

e.主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

 

4.申請に必要な書類等

(1)免除要件a~eの、いずれかに該当することがわかる書類の写し

a.り災証明

b.死亡診断書、死体検案書、医師の診断書、医師による証明書等の写し

c.警察等への行方不明に係る届出等の写し

d.廃業届、異動届等の写し

e.離職証明書、解雇通知、収入状況等申告書等の写し など

(2)被保険者証

(3)世帯主の印鑑(朱肉を使うもの)

※後期高齢者の方は被保険者本人の印鑑

 

5.免除の対象となる費用

診療調剤及び訪問看護の一部負担金

※柔道整復、はり・灸・あんま・マッサージ、入院時食事療養費等は対象外です。

 

6.免除期間 令和元年10月12日から令和2年9月30日まで

【一部負担金の還付について】

免除要件に該当する方で、令和元年10月12日以降に医療機関等を窓口で一部負担金を支払った場合は、申請により還付いたします。

〇申請に必要な書類等

(1)免除証明書又は【一部負担金等免除証明書の交付について】4.の申請に必要な書類等の(1)の書類

(2)被保険者証

(3)世帯主の印鑑(朱肉を使うもの)

※後期高齢者の方は被保険者本人の印鑑

(4)領収書の原本

(5)世帯主名義の通帳

免除及び還付申請受付について

1.受付場所:国民健康保険課(西庁舎1階)

行政センター・連絡所(市民サービスセンター、緑ヶ丘市民サービスセンターを除く)

2.問い合わせ:国民健康保険課 給付係(024-924-2141)

後期高齢者医療係(024-924-2146)

 

※この取り扱いについては、後期高齢者医療保険も同様です。

※社会保険等においては各保険者にお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民部国民健康保険課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7
電話番号:024-924-2141 ファックス番号:024-938-2880

更新日:2020年03月27日