ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 総務法務課 > 「2022ナガサキへのメッセージ」

本文

「2022ナガサキへのメッセージ」

ページID:0043415 更新日:2022年10月18日更新 印刷ページ表示

研修の成果をまとめた報告書を作成しました

2022ナガサキへのメッセージ報告書表紙

長崎での研修を通して、派遣団員それぞれが学んだことや感じたこと、平和への想いをまとめた報告書を作成しました。

報告書は、報告会やパネル展で配布したほか、総務法務課窓口(郡山市役所本庁舎2階)でも配布しています。

なお、部数には限りがありますのでご了承ください。

2022ナガサキへのメッセージ報告書 [PDFファイル/11.53MB]

第1回写真パネル展を開催しました

団員が長崎で感じた平和への思いを写真とメッセージで伝えるパネル展を開催しました。

第1回写真パネル展
日時

令和4年11月26日(土曜日)~令和4年12月9日(金曜日)

なお、11月26日(土曜日)は、報告会開催に合わせて一般開放します。

会場 郡山市役所本庁舎2階アートスペース
展示内容
  1. 中学生が長崎で感じた平和へのメッセージを添えた写真
  2. 長崎の被爆にまつわる資料

パネル展の様子1 パネル展の様子2

報告会を開催しました

報告会

被爆地である長崎での研修をとおして、派遣団員が学んだことや感じたこと、市民の皆様へ伝えたいことなど、研修の成果について発表を行いました。

また、被爆の体験を後世に語り継ぐために活動されている被爆体験伝承者の方に講話をいただきました。

研修報告会
日時 令和4年11月26日(土曜日)午後2時30分
会場

郡山市役所特別会議室(本庁舎2階)

内容
  1. 派遣団員による研修報告
  2. 被爆体験伝承者講話
  • 演題「広島の被爆の実相と当時の生活、中学生の被爆体験」
  • 講師:濱田 千恵氏(広島市被爆体験伝承者)

長崎派遣団員による報告会の様子 被爆体験伝承者講話の様子

長崎市で研修活動を行いました

令和4年8月7日(日曜日)から8月10日(水曜日)までの4日間、長崎市で研修活動を行いました。

郡山市中学生長崎派遣事業「2022ナガサキへのメッセージ」行程表 [PDFファイル/77KB]

【1日目】8月7日(日曜日)

出発式の様子 出発式団員代表挨拶

出発式では、安積第二中学校 大平さんが、研修についての意気込みを発表しました。

如己堂 旧城山国民学校校舎

長崎市に到着後、自らも被爆しながら献身的に被爆者の救護に当たった永井隆博士の記念館や住んでいた家(如己堂)、爆心地から約500mの距離にあった旧城山国民学校の校舎を見学し、原爆の脅威を学びました。

【2日目】8月8日(月曜日)

【午前】

爆心地公園 原爆資料館

平和案内人の方々の案内により、爆心地公園や原爆資料館を見学し、核兵器開発の歴史、原爆の恐ろしさ、人々の平和への思いについて学びました。

平和へのメッセージ伝達式

原爆資料館では、郡山市長から託された長崎市長あての「平和へのメッセージ」を長崎市へ届けました。

【午後】

青少年ピースフォーラム 原爆資料館周辺フィールドワーク

全国の自治体から派遣された平和使節団の青少年と長崎の青少年が一緒に平和の尊さを学習する「青少年ピースフォーラム」に参加しました。被爆体験講話や平和学習、原爆資料館周辺のフィールドワークを行いました。

千羽鶴奉納 平和記念像前集合写真

その後、平和公園で結団式で託された千羽鶴を奉納しました。

【3日目】8月9日(火曜日)

【午前】

長崎平和祈念式典(平和公園会場) 長崎平和祈念式典(出島メッセ長崎会場)  長崎平和祈念式典

原爆死没者の霊を慰め、世界の恒久平和を祈念する長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参列しました。会場は平和への祈りに包まれていました。

【午後】

平和学習1 平和学習2

前日に引き続き「青少年ピースフォーラム」に参加し、各グループで「戦争をなくすにはどうすればよいのか」などについて話し合いました。

大浦天主堂 グラバー園

その後、大浦天主堂やグラバー園を訪れ、長崎の歴史や文化に触れました。

【4日目】8月10日(水曜日)

唐人屋敷跡  出島

唐人屋敷跡や出島で長崎の歴史について学習し、帰路につきました。

到着式 到着式団員挨拶

到着式では、御舘中学校 滝田さんが「私たちの行動は平和へのほんの一歩にすぎませんが、その歩みを止めることなく貢献していきたい」と、今後に向けて決意を述べました。

派遣団結団式を開催しました

派遣団員32名が決定し、令和4年7月27日(水曜日)に派遣団結団式を開催しました。

結団式では、派遣団員に団員証の交付が行われました。また、品川市長から田上長崎市長へあてた「平和へのメッセージ」と千羽鶴が付託されました。折り鶴は、平和推進事業写真・パネル展会場に折り紙を設置し、これまでにこの事業に参加した中学生と、パネル展に来場された市民の皆様に、平和への想いを込め折っていただいたものです。

結団式終了後、団員たちはオリエンテーションに臨みました。

令和4年度郡山市中学生長崎派遣事業派遣団員名簿 [PDFファイル/109KB]

郡山市中学生長崎派遣事業「2022ナガサキへのメッセージ」派遣団結団式次第 [PDFファイル/59KB]

結団式

市長あいさつ 平和を考える市民の集い実行委員会会長あいさつ(副会長代読)

団員証交付 郡山市議会議長激励の言葉

郡山市教育委員会教育長激励の言葉 「平和へのメッセージ」・折り鶴付託

団員代表者のことば 結団式集合写真

オリエンテーション

自己紹介 オリエンテーション

 

平和を考える市民の集い実行委員会が開催されました

令和4年7月4日(月曜日)に、今年度第1回目の平和を考える市民の集い実行委員会会議が開催されました。会議では、今年度の事業計画や予算等について審議が行われ、中学生長崎派遣事業を中心とした事業の実施について承認されました。

第1回平和を考える市民の集い実行委員会

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)