ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化スポーツ部 > 文化振興課 > 埋蔵文化財の包蔵地内の土木工事等について

本文

埋蔵文化財の包蔵地内の土木工事等について

ページID:0006968 更新日:2021年12月2日更新 印刷ページ表示

埋蔵文化財包蔵地内で土木工事等を行なう際は、試掘調査が必要です。試掘調査は現在、多くの依頼を受けており、依頼を受理してから調査実施まで約2ヶ月かかります。

また、埋蔵文化財包蔵地内で土木工事等を行なう場合は、文化財保護法93条第1項の規定により、工事着手予定日の60日前までに、下記の埋蔵文化財発掘の届出について届出が必要となります。

埋蔵文化財包蔵地の確認は、文化振興課(市役所本庁舎5階)または郡山市地理情報システムから確認することができます。文書での回答が必要な方は、下記の様式をダウンロードし、申請をお願いいたします。

試掘調査の申請様式及び埋蔵文化財発掘の届出は下記によりダウンロードできます。

確認調査必要地区について

表面調査が困難なため埋蔵文化財包蔵地の確認ができなかった場所のうち、地形及び周囲の埋蔵文化財の分布状況から埋蔵文化財が分布している可能性が高いと判断された地区です。

現在も確認調査を実施しており、工事着工前の試掘調査のご協力をよろしくお願いいたします。

郡山市地理情報システムでは、埋蔵文化財包蔵地マップの「○○○地区」と表記された範囲が確認調査必要地区になります。

参考

ダウンロード

よくある質問

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)